県議会情報

平成29年9月定例会

  平成29年9月定例会は、9月12日から10月6日まで開かれ、本会議初日は、 中村知事が提出議案などについての説明を行いました。
 一般質問では、12名の議員が登壇し、様々な事項について活発な論議や提言を行いました。
 本定例会では、「平成29年度長崎県一般会計補正予算(第2号)」など19件の議案を原案のとおり可決、同意、承認し、2件の諮問議案を棄却すべきと決定しました。また、「駐留軍関係離職者等臨時措置法の有効期限延長」に関する請願を採択し、「長崎県端島の歴史認識に関する意見書」など15件の意見書を可決しました。
 

【採決にかかる各議員の賛否の状況 (本会議 各委員会)】

平成29年6月定例会

 平成29年6月定例会は、6月19日から7月12日まで開かれ、本会議初日は、 中村知事が提出議案などについての説明を行いました。
 一般質問では、12名の議員が登壇し、様々な事項について活発な論議や提言を行いました。
 本定例会では、「平成29年度長崎県一般会計補正予算(第1号)」など26件の議案を原案のとおり可決、承認し、「ギャンブル等依存症対策の抜本的強化を求める意見書」など3件の意見書を可決しました。

【採決にかかる各議員の賛否の状況 (本会議  各委員会)】

平成29年2月定例会

 平成29年2月定例会は、2月20日から3月16日まで開かれ、本会議初日には、各特別委員会委員長の報告が行われた後、「離島・半島地域の振興対策に関する意見書」など3件の意見書、「「有人国境離島地域の地域社会の維持」に係る施策の推進に関する決議」1件を可決しました。
 その後、各常任委員会及び議会運営委員会の構成を決定し、併せて、離島・半島地域振興特別委員会、観光振興等対策特別委員会は引き続き、人口減少・経済雇用対策特別委員会を新たに設置し、その構成を決定しました。   
 また、「平成29年度長崎県一般会計予算(第1号)」など60件の議案が上程され、知事説明が行われました。   
 一般質問では、12名の議員が登壇し、さまざまな事項について活発な論議が交わされました。  
 28年度2月補正予算は、一般会計で411億578万5千円の減額、29年度当初予算は、一般会計で7,245億439万円となりました。  
 今定例会では、62件の議案を原案のとおり可決、同意し、「無料公衆無線LAN(Wi−Fi)環境の整備促進について」など6件の意見書、1件の決議を可決し閉会しました。

【採決に係る各議員の賛否の状況(本会議  各委員会)】

平成28年11月定例会

 平成28年11月定例会は、11月28日から12月21日まで開かれ、本会議初日は、 中村知事が提出議案などについての説明を行いました。
 一般質問では、12名の議員が登壇し、様々な事項について活発な論議や提言を行いました。
 本定例会では、「平成28年度長崎県一般会計補正予算(第4号)」など39件の議案を原案のとおり可決、認定、同意し、「九州新幹線西九州ルートの整備促進に関する意見書」など5件の意見書を可決、「厚生労働省における受動喫煙防止対策強化措置について意見書提出を求める請願書」1件の請願を採択し閉会しました。

【採決にかかる各議員の賛否の状況 (本会議 各委員会)】

平成28年9月定例会

 平成28年9月定例会は、9月9日から10月6日まで開かれ、本会議初日は、 中村知事が提出議案などについての説明を行いました。
 一般質問では、12名の議員が登壇し、様々な事項について活発な論議や提言を行いました。
 本定例会では、「平成28年度長崎県一般会計補正予算(第3号)」など16件の議案を原案のとおり可決、同意し、「相模原障害者施設殺傷事件に関する意見書」など8件の意見書を可決、「指定生乳生産者団体制度の存続と機能強化に係る国への意見書提出を求める請願書」1件の請願を採択し閉会しました。
また、「平成27年度長崎県一般会計決算及び各特別会計決算の認定について」など3件の議案を予算決算委員会に付託して終了しました。 

【採決にかかる各議員の賛否の状況 (本会議 各委員会)】

平成28年6月定例会
 平成28年6月定例会は、6月1日から6月24日まで開かれ、本会議初日は、 中村知事が提出議案などについての説明を行いました。
 一般質問では、12名の議員が登壇し、様々な事項について活発な論議や提言を行いました。
 本定例会では、「平成28年度長崎県一般会計補正予算(第1号)」など34件の議案を原案のとおり可決、同意し、「地方財政の充実・強化についての意見書」など4件の意見書を可決しました。
【採決にかかる各議員の賛否の状況 (本会議 各委員会)】
平成28年2月定例会
 平成28年2月定例会は、2月22日から3月18日まで開かれ、本会議初日には、各特別委員会委員長の報告が行われた後、「離島・半島地域の振興対策に関する意見書」など3件の意見書を可決しました。
 その後、各常任委員会及び議会運営委員会の構成を決定し、併せて、離島・半島地域振興特別委員会、観光振興等対策特別委員会は引き続き、まちづくり・経済雇用対策特別委員会を新たに設置し、その構成を決定しました。 
 また、「平成28年度長崎県一般会計予算」など101件の議案が上程され、知事説明が行われました。
 その後、国の経済対策における補正予算議案を予算決算委員会へ付託し散会しました。
 一般質問では、12名の議員が登壇し、さまざまな事項について活発な論議が交わされました。
 27年度2月補正予算は、一般会計で53億7,527万8千円の減額、28年度当初予算は、一般会計で7,247億219万5千円となりました。
 本定例会では、101件の議案を原案のとおり可決、同意し、2件の諮問議案を棄却すべきと決定し、「地方公会計の整備促進に係る意見書」など8件の意見書を可決、「退職手当支給制限処分に係る審査請求に関する諮問について」など2件の請願を採択し閉会しました。

【採決にかかる各議員の賛否の状況 (本会議 各委員会)】
平成27年11月定例会
 平成27年11月定例会は、11月25日から12月18日まで開かれました。
 本会議初日は、継続審査となっていた「平成26年度長崎県一般会計決算及び各特別会計決算の認定について」など3件の議案を認定しました。
 また、「平成27年度長崎県一般会計補正予算(第3号)」など41件の議案が一括上程され、中村知事が提出議案などについて提案理由の説明を行いました。
 一般質問では、12名の議員が登壇し、さまざまな事項について活発な論議が交わされました。
 本定例会では、「長崎県産酒による乾杯の推進に関する条例」など47件の議案を原案のとおり可決、認定、同意するとともに、「九州新幹線西九州ルート(長崎ルート)の整備促進に関する意見書」など、7件の意見書を可決し、閉会しました。

【採決にかかる各議員の賛否の状況 (本会議 各委員会)】
平成27年10月臨時会
 平成27年10月臨時会が、平成27年10月23日(金)午前10時に長崎県庁内の県議会本会議場において開催されました。
 議長からの文教厚生委員会委員長の辞任の報告の後、文教厚生委員会副委員長の辞任、それに伴う文教厚生委員会の委員長及び副委員長を選任、議会運営委員会委員の選任、併せて、離島・半島地域振興特別委員会委員の辞任を決定し閉会しました。

平成27年9月定例会
 平成27年9月定例会は、9月8日から10月6日まで開かれ、本会議初日は、 中村知事が提出議案などについての説明を行いました。
 一般質問では、12名の議員が登壇し、様々な事項について活発な論議や提言を行いました。
 本定例会では、「平成27年度長崎県一般会計補正予算(第2号)」など13件の議案を原案のとおり可決、同意し、「地方創生に係る新型交付金等の財源確保についての意見書」など6件の意見書を可決しました。
 また、「平成26年度長崎県一般会計決算及び各特別会計決算の認定について」など3件の議案を予算決算委員会に付託して終了しました。


【採決にかかる各議員の賛否の状況 (本会議 各委員会)】
平成27年6月定例会
 平成27年6月定例会は、6月16日から7月9日まで開かれ、本会議初日は、中村知事が提出議案などについての説明を行いました。
 一般質問では、12名の議員が登壇し、様々な事項について活発な論議が交わされました。
 本定例会では、「平成27年度長崎県一般会計補正予算(第1号)など34件の議案を原案のとおり可決、承認、同意するとともに、5件の意見書を可決し閉会しました。


【採決に係る各議員の賛否の状況(本会議  各委員会)】
平成27年5月臨時会
 平成27年5月臨時会が、平成27年5月14日(木)、長崎県庁内の県議会議場において、開かれました。
 議長副議長の選出並びに各常任委員会及び議会運営委員会の構成を決定し、併せて、離島・半島地域振興特別委員会、経済・雇用対策特別委員会、観光振興等対策特別委員会の3つの特別委員会を設置し、その構成等を決定し閉会しました。
平成27年2月定例会
 平成27年2月定例会は、2月23日から3月18日まで開かれ、本会議初日には、各特別委員会から委員長報告が行われた後、「離島・半島地域の振興対策に関する意見書」など3件の意見書を可決しました。
 また、「平成27年度長崎県一般会計予算」など83件の議案、「長崎県議会議員の議員報酬の特例に関する条例」など2件の議員提案がそれぞれ上程され、その後、国の経済対策における補正予算議案を予算決算委員会へ付託し散会しました。
 一般質問では、12名の議員が登壇し、さまざまな事項について活発な論議が交わされました。
 26年度2月補正予算は、、一般会計で210億6,576万3千円の減額、27年度当初予算は、一般会計で6,928億27万4千円となりました。
 本定例会では、「長崎県中小企業・小規模企業の振興に関する条例」など86件の議案を原案のとおり可決、同意するとともに、「人口減少・雇用対策に関する意見書」など4件の意見書等を可決、「人工内耳の購入費、補聴器の電池代等に対する公的助成についての請願書」1件の請願を採択し閉会しました。

【採決に係る各議員の賛否の状況(本会議  各委員会)】
平成26年11月定例会
 平成26年11月定例会は、11月25日から12月18日まで開かれ、定例会の本会議初日は、継続審査となっていた「平成25年度長崎県一般会計決算及び各特別会計決算の認定について」など3件の議案について認定し、「平成26年度長崎県一般会計補正予算(第3号)」など27件の議案が一括上程され、中村知事が県政の重要事項について報告し、当面する諸課題について所信を述べるとともに、提出議案などについて提案理由の説明を行いました。
 一般質問では、12名の議員が登壇し、さまざまな事項について活発な論議が交わされました。
 補正予算については、一般会計で18億6,329万4千円の増額となりました。
 本定例会では、「県立高等学校等条例の一部を改正する条例」など32件の議案を原案のとおり可決、認定、同意するとともに、「軽油引取税の課税免除及び特別償却制度の継続を求める意見書」など9件の意見書等の動議を可決、「介護報酬削減の絶対阻止と処遇改善の拡充に関する請願書」など2件の請願を採択し閉会しました。

【採決に係る各議員の賛否の状況(本会議  各委員会)】
平成26年9月定例会
 平成26年9月定例会は、9月10日から10月6日まで開かれ、定例会の本会議初日は、「平成26年度長崎県一般会計補正予算(第2号)」など26件の議案が上程され、中村知事が県政の重要事項について報告し、提出議案などについて提案理由の説明を行いました。
 一般質問では、12名の議員が登壇し、さまざまな事項について活発な論議が交わされました。
 補正予算については、、一般会計で22億9,822万円の増額となりました。
 本定例会では、「長崎県いじめ問題調査委員会条例」など29件の議案を原案のとおり可決、同意し、「平成25年度長崎県一般会計決算及び各特別会計決算の認定について」など3件の議案について、予算決算委員会に付託しました。
 また、「『手話言語法(仮称)』制度を求める意見書」など、11件の意見書を可決し、「TPP交渉並びに農協改革に関する請願書」など2件の請願を採択し閉会しました。

【採決に係る各議員の賛否の状況(本会議  各委員会)】
平成26年6月定例会
 平成26年6月定例会は、6月10日から7月16日まで開かれ、本会議初日には、各特別委員会委員長から付議事件調査経過等の報告を受けた後、「半島振興法の延長及び充実に関する意見書」など3件の意見書を可決しました。
 その後、各常任委員会及び議会運営委員会の構成を決定し、併せて、離島・半島地域振興特別委員会は引き続き、人口減少・雇用対策特別委員会観光振興等対策特別委員会は新たに設置し、その構成を決定しました。 
 一般質問では、12名の議員が登壇し、様々な事項について活発な論議や提言を行いました。
 本定例会では、「長崎県看護キャリア支援センター条例」など34件の議案を原案のとおり可決、承認、同意するとともに、7件の意見書を可決しました。
 また、知事が閉会あいさつで、7月10日に開催された文部科学省の文化審議会において「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」が本年度のユネスコへの世界文化遺産推薦候補として選定されたことが報告され、閉会しました。

【採決に係る各議員の賛否の状況(本会議  各委員会)】
平成26年3月定例月議会
 平成26年3月定例月議会は、3月4日から3月28日まで開かれ、中村知事が提出議案などについての説明を行いました。
 一般質問では、15名の議員が登壇し、様々な事項について活発な論議や提言を行いました。
 本定例月議会では、「平成26年度長崎県一般会計予算」など95件の議案を原案のとおり可決、同意し、1件の発議を、否決しました。
 また、「公務員獣医師の処遇改善を求める意見書」など4件の意見書等の動議を可決しました。
 請願については、「介護福祉士等修学資金貸付制度の拡充・強化に関する国への意見書の提出を求める請願書」を採択し、3月定例月議会を終了しました。

【採決に係る各議員の賛否の状況(本会議  各委員会)】

平成26年2月緊急議会
 平成26年2月緊急議会が、平成26年2月25日(火)午前11時30分に、長崎県庁の県議会議場において開催され、長崎県議会定例会条例が可決されるとともに、常任及び特別委員会の委員の選任が行われました。

採決に係る各議員の賛否の状況

平成25年11月定例月議会
 平成25年11月定例月議会は、11月21日から12月25日まで開かれ、「平成25年度長崎県一般会計補正予算(第3号)」など35件の議案を原案のとおり可決・認定し、2件の諮問議案を、棄却すべきと決定しました。
 また、「中国・東南アジア諸国から九州へ訪れる観光客に対する査証要件の緩和等を求める意見書」など9件の意見書等の動議を可決しました。
 請願については、「国民皆保険制度を堅持するための「医療に関する過度な規制緩和反対、医療に関する消費税問題の抜本的解決、国民に必要かつ充分な医療を提供するための財源確保」を求める請願書」を採択しました。
そのほか、継続して審査していた請願1件を撤回許可し、2件を継続審査、2件を不採択とし、11月定例月議会を終了しました。

【採決に係る各議員の賛否の状況(本会議各委員会)】

平成25年9月定例月議会
  平成25年9月定例月議会は、9月5日(木)から10月11日(金)まで開かれ、会議初日には、中村知事が提出議案などについての説明を行いました。
 一般質問では、15名の議員が登壇し、様々な事項について活発な論議や提言を行いました。
 本定例月議会では、「平成25年度長崎県一般会計補正予算(第2号)」など16件の議案を原案のとおり可決、同意し、「諫早湾干拓事業潮受堤防排水門の開門に向けた事前対策工事着手に抗議する意見書」など2件の意見書を可決しました。
 また、「平成24年度長崎県一般会計決算及び各特別会計決算の認定について」など3件の議案を予算決算委員会に付託して終了しました。

【採決にかかる各議員の賛否の状況 (本会議 各委員会)】
平成25年6月定例月議会
 平成25年6月定例月議会は、6月5日(水)から7月11日(木)まで開かれ、「平成25年度長崎県一般会計補正予算(第1号)」など38の議案を原案のとおり可決・承認・同意いたしました。
 また、県議会・県政改革特別委員会の定数を変更し、委員の辞任許可及び選任を行い、合併算定替終了後の新た財政支援措置を求める意見書」など5件の意見書を可決して終了しました。

【採決にかかる各議員の賛否の状況 (本会議 各委員会)】
平成25年5月定例月議会
 平成25年長崎県議会定例会が、5月22日(水)午前11時に、長崎県庁の県議会議場において開会し、会期を平成26年3月28日(金)までの311日間と決定しました。
開会に先立ち、今年7月31日から開催される「第37回全国高等学校総合文化祭(2013 長崎しおかぜ総文祭)」に参加される県内高等学校の皆さんによる合唱やハンドベル演奏等の議場コンサートが行われました。
 また、「障害がある人もない人も共に生きる平和な長崎県づくり条例」など3件の議案を原案のとおり可決・同意し、各特別委員会の報告を受けた後、「離島・半島地域の振興に関する意見書」など3件の意見書を可決しました。
 その後、各常任委員会及び議会運営委員会の構成を決定し、併せて離島・半島地域振興特別委員会、防衛関連産業振興等雇用対策特別委員会を設置し、その構成を決定し、散会いたしました。
採決に係る各議員の賛否の状況
平成25年2月定例月議会
 平成25年2月定例月議会は、2月18日から3月22日まで開かれ、本会議初日には、中村知事が提出議案などについての説明を行いました。
 一般質問では、15名の議員が登壇し、様々な事項について活発な論議や提言を行いました。
 本定例月議会では、「平成25年度長崎県一般会計予算」など76件の知事提案の議案を原案のとおり可決、同意しました。また、「長崎県政務調査費の交付に関する条例の一部を改正する条例」等4件の議員提案の議案を原案のとおり可決しました。
 さらに、「地方財政対策と地方公務員給与に関する意見書」等6件の意見書等の動議を可決して終了しました。
【採決に係る各議員の賛否の状況(本会議 各委員会)】
平成24年11月定例月議会
 平成24年11月定例月議会は、11月20日から12月26日まで開かれました。
 本会議初日には、中村知事が提出議案などについての説明を行い、「平成24年長崎県一般会計補正予算(第4号)」など3件の知事提案の議案を原案のとおり可決、同意し、8月定例月議会から引き続き審査していた「平成23年度長崎県一般会計決算及び各特別会計決算の認定について」など3件の議案が認定されました。
 一般質問では、15名の議員が登壇し、様々な事項について活発な論議や提言を行いました。
 本定例月議会では、41件の議案を原案のとおり可決するとともに、「長崎県保護施設等の設備及び運営の基準に関する条例」など、17件の議案を一部修正のうえ可決、「希少疾病用医薬品(オーファンドラッグ)及び医療機器(オーファンデバイス)の開発促進・支援のための十分な事業予算の確保等を求める意見書」など3件の意見書等の動議を可決し、請願は、1件を継続して審査することとし、2件を不採択としました。

【採決に係る各議員の賛否の状況(本会議各委員会)】
平成24年8月定例月議会
 平成24年8月定例月議会は、8月29日から10月15日まで開かれ、本会議初日には、中村知事が提出議案などについての説明を行いました。
 一般質問では、15名の議員が登壇し、様々な事項について活発な論議や提言を行いました。
 本定例月議会では、「平成24年度長崎県一般会計補正予算(第2号)」など12件の知事提案の議案を原案のとおり可決、同意し、「長崎県議会会議規則の一部を改正する規則」など4件の議員提案の議案を原案のとおり可決しました。
 また、「平成23年度長崎県一般会計決算及び各特別会計決算の認定について」など3件の議案を予算決算委員会に付託しました。
  さらに、「諫早湾干拓事業の潮受堤防の排水門の開門調査に係る環境影響評価書の公表に対する意見書」など7件の意見書と4件の動議を可決、1件の請願を採択し、終了しました。

【採決に係る各議員の賛否の状況(本会議各委員会)】
平成24年6月定例月議会
 平成24年6月定例月議会は、6月6日(水)から7月13日(金)まで開かれ、「平成24年度長崎県一般会計補正予算(第1号)」など30件の議案を原案のとおり可決・承認・同意いたしました。
 また、「地方財政の充実・強化を求めることについて」など6件の意見書及び5件の決議を可決したほか、「350万人のウイルス性肝炎患者の救済に関する意見書採択の請願」など2件の請願を採択して終了しました。

【採決に係る各議員の賛否の状況(本会議各委員会)】
平成24年5月緊急議会
 平成24年5月緊急議会が、平成24年5月28日(月)午後1時30分に、長崎県庁の県議会議場において開催され、副議長の辞職が可決されるとともに、選挙により新たに副議長が選出されました。

採決に係る各議員の賛否の状況
平成24年5月定例月議会
 平成24年長崎県議会定例会が、5月23日(水)午前10時に、長崎県庁の県議会議場において開会し、会期を平成25年3月22日(金)までの304日間と決定しました。
 また、議会運営委員会発議の「知事の専決処分に属する軽易な事項の指定の一部改正」など2件の議案及び2件の動議を上程し、質疑・討論が行われ、可決した後に散会いたしました。

採決に係る各議員の賛否の状況
平成24年2月定例会
 平成24年2月定例会は、2月21日(火)から3月16日(金)まで開かれ、「平成24年度長崎県一般会計予算」や議員発議の「長崎県議会基本条例」など84の議案を原案のとおり可決・同意しました。
 また、「こころの健康を守り推進する基本法の制定を求める意見書」など5件の意見書及び「政策等決定過程の透明性等の確保及び県議会・議員との協議等の拡充に関する決議」など4件の決議を可決して閉会しました。
平成23年11月定例会
 平成23年11月定例会は、11月25日(金)から12月16日(金)まで開かれ、「平成23年度長崎県一般会計補正予算(第3号)」など39の議案を原案のとおり可決・認定・同意し、1件の議案を撤回許可しました。
 また、「再生可能エネルギーの開発と放射線の恐怖に脅かされることのない社会の実現に関する意見書」など8件の意見書及び「九州電力株式会社玄海原子力発電所3号機の冷却水漏れに関し正確で迅速な情報提供等を求める緊急決議」など8件の決議を可決したほか、「修学資金貸付制度の拡充、継続及び働きながら介護福祉士等の資格を取る介護雇用プログラムの継続実施に関する国への意見書の提出を求める請願書」など2件の請願を採択、1件を不採択として閉会しました。      
平成23年9月定例会
 平成23年9月定例会は、9月9日(金)から10月4日(火)まで開かれました。9月9日の開会日には、「諫早湾干拓事業における入植者選定に関する調査特別委員会の設置を求める動議」を可決し、地方自治法第100条に基づく調査を行うための特別委員会を設置しました。
 10月4日の閉会日には、「平成23年度長崎県一般会計補正予算(第2号)」など15の議案を原案のとおり可決・認定・同意し、2件の附帯決議を可決し、「長崎県スポーツ振興審議会に関する条例の一部を改正する条例」及び「平成22年度長崎県一般会計決算及び各特別会計決算の認定について」の議案は、継続審査とすることに決定しました。
 また、「新たな離島振興法に関する意見書」など10件の意見書及び「諫早湾干拓事業の潮受堤防排水門の開門問題に対する国の対応に抗議する決議」を可決したほか、「漁業用軽油にかかる軽油引取税の免税措置に関する国への意見書の提出を求める請願書」など2件の請願を採択して閉会しました。
平成23年6月定例会
 平成23年6月定例会は、6月27日(月)から7月19日(火)まで開かれ、「平成23年度長崎県一般会計補正予算(第1号)」など38の議案を原案のとおり可決・承認・同意いたしました。
 また、「地方財政の充実・強化を求める意見書」など5件の意見書及び4件の決議を可決したほか、「350万人のウイルス性肝炎患者の救済に関する意見書採択の請願」など2件の請願を採択して閉会しました。
平成23年6月臨時会
 平成23年6月臨時会が、6月8日(水)、長崎県庁内の県議会議場において開かれました。
「原子力発電の安全対策」問題について知事報告が行われた後、「原子力発電に係る安全対策強化などを求める意見書」を可決して閉会しました。
平成23年5月臨時会
 平成23年5月臨時議会が、平成23年5月13日(金)、長崎県庁内の県議会議場において、開かれました。
 議長副議長の選出並びに各常任委員会及び議会運営委員会の構成を決定し、併せて、
離島・半島地域振興特別委員会、経済雇用・災害対策特別委員会、アジア・国際戦略特別委員会、予算特別委員会の4つの特別委員会
を設置し、その構成等を決定し閉会しました。
平成23年2月定例会
 平成23年2月定例会は、2月23日から3月18日まで開かれ、「平成23年度長崎県一般会計予算」など77の議案を原案のとおり可決・同意しました。
 また、「東北地方太平洋沖地震被害に対する支援体制の整備等を求める意見書」など5件の意見書及び1件の決議を可決、「原爆被爆者援護施策の拡充を求める意見書の提出に関する請願書」など5件を採択して閉会しました。 
平成23年1月臨時会
 平成23年1月臨時会が、1月12日(水)、13日(木)の2日間、長崎県庁内の県議会議場において開かれました。
 1月12日は、「平成22年度長崎県一般会計補正予算(第9号)」など3件の議案が上程され、知事説明が行われました。その後、県庁舎整備特別委員会の委員長報告が行われ、「新たな県庁舎の建設に関する意見書」を可決しました。
 1月13日は、各委員会の委員長報告が行われ、全ての議案を原案のとおり可決して閉会しました。
平成22年11月定例会
 平成22年11月定例会は、11月29日から12月20日まで開かれ、「平成22年度長崎県一般会計補正予算」など38の議案を原案のとおり可決・認定・同意したほか、「長崎県総合計画について」の議案は、一部修正のうえ可決しました。
 また、「諫早湾干拓事業工事差止等請求事件の上訴に関する意見書」など11件の意見書及び1件の決議を可決、「養護老人ホームの運営に関する請願書」を採択し、2件の請願を不採択として閉会しました。
平成22年11月臨時会
 平成22年11月臨時議会が、11月1日(月)、長崎県庁内の県議会議場において開かれました。
 農林水産物等の貿易自由化問題についての知事報告が行われた後、「農林水産物等の貿易自由化に関する意見書」を可決して閉会しました。
平成22年9月定例会
 平成22年9月定例会は、平成22年9月13日から10月5日まで開かれ、「平成22年度長崎県一般会計補正予算」など17の議案を原案のとおり可決・認定・同意したほか、「平成21年度長崎県一般会計決算及び各特別会計決算の認定について」の議案は、「決算審査特別委員会」で閉会中に継続審査することとしました。また、「離島地域における揮発油税の減免を求める意見書」など11件の意見書を可決し、1件の請願を不採択として閉会しました。 
平成22年6月定例会
 平成22年6月定例会は、平成22年6月3日から25日まで開かれ、「平成22年度長崎県一般会計補正予算」など48の議案を原案のとおり可決・承認・同意したほか、「子ども手当の廃止と子育て家庭が真に必要な支援を求める意見書の提出に関する請願書」を採択し、「未来を担う子どもたちの教育を守る義務教育費国庫負担制度の堅持を求める意見書」など4件の意見書を可決しました。
 また、副議長選挙が行われ、馬込彰議員が第84代副議長に就任しました。
平成22年5月臨時会
 平成22年5月定例会は、平成22年5月28日に開かれ、「国営諫早湾干拓事業潮受堤防排水門の開門調査」問題及び「口蹄疫」問題について知事報告が行われた後、「国営諫早湾干拓事業潮受堤防排水門の開門調査反対及び有明海再生と漁業振興に関する意見書」及び「『口蹄疫』に対する防疫対策と被害農家への経営支援策の強化に関する意見書」を可決して閉会しました。
平成22年3月定例会
 平成22年3月定例会は、平成22年3月12日から30日まで開かれ、「平成22年度長崎県一般会計予算」など51の議案を原案のとおり可決・同意したほか、「非核三原則の厳格な実施を求める意見書」など13件の意見書を可決して閉会しました。
平成21年2月臨時会
 2月臨時会が、2月23日(火)、24日(水)の2日間、長崎県庁内の県議会議場において開かれました。
 2月23日は、「平成21年度長崎県一般会計補正予算(第8号)」など5件の議案が上程され、知事説明が行われた後、各委員会に付託し散会しました。
 2月24日は、各委員会の委員長報告が行われ、全ての議案を原案のとおり可決して閉会しました。
平成21年11月定例会
 平成21年11月定例会は、平成21年11月27日から12月17日まで開かれ、「平成21年度長崎県一般会計補正予算」や 議員発議による「長崎県歯・口腔の健康づくり推進条例」など37の議案、「韓国・釜山火災事故に係る被害者の救済 と再発防止を求める意見書」など20件の意見書及び「ハウステンボスの経営再建に関する決議」を可決・承認・認定・同意したほか、「改正貸金業法の早期完全施行等を求める請願」など6件の請願を採択、1件の請願を不採択と決定 して閉会しました。
平成21年9月定例会
 平成21年9月定例会は、9月4日から9月29日まで開かれ、「平成21年度長崎県一般会計補正予算」など27の議案を原案 のとおり可決・承認・認定・同意し、1件の付帯決議が可決され、「平成20年度長崎県一般会計決算及び各特別会計決算 の認定について」の議案は、「決算審査特別委員会」で閉会中に継続審査することとしました。
 また、大学等発ベンチャー創出事業に関する調査特別委員会委員長報告が行われ、虚偽の陳述による告発の動議と意見書が可決されたほか、「地方財政の円滑な運営を求める意見書」など3件の意見書を可決して閉会しました。
平成21年6月定例会
 平成21年6月定例会は、6月19日から7月10日まで開かれ、「平成21年度長崎県一般会計補正予算(第1号)」など39件の議案を可決・承認したほか、「核兵器の廃絶と恒久平和を求める決議」、など意見書・決議6件、動議1件を可決、「『事業主報酬制度の早期実現』と『個人企業における事業承継税制の創設』に関する請願書」を採択し、天皇陛下御即位20年をお祝いする賀詞を奉呈することを決定しました。
また、正副議長選挙が行われ、末吉光徳議員が第60代議長に、野本三雄議員が第83代副議長に就任しました。
平成21年5月臨時会
 平成21年5月臨時会が、5月29日(金)に長崎県庁内の県議会議場において開かれ、「職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例」など3件の議案を原案のとおり可決しました。
また、「県庁舎整備に関する意見書」など3件の意見書を可決して閉会しました。
平成21年2月定例会
 2月定例会は、2月19日から3月18日まで開かれ、「平成21年度長崎県一般会計予算」など82件の議案を原案のとおり可決、同意し、2件の付帯決議を可決しました。 また、「離島航路に地域活力基盤創造交付金(仮称)の適用を求める意見書」など9件の意見書を可決、「第69回国民体育大会開催に関する決議」を可決して閉会しました。
平成21年2月臨時会
 2月臨時会が、2月9日(月)、10日(火)の2日間、長崎県庁内の県議会議場において開かれました。
2月9日は、「平成20年度長崎県一般会計補正予算(第6号)」など10件の議案が上程され、知事説明が行われた後、各常任委員会に付託し散会しました。2月10日は、各常任委員長報告が行われ、全ての議案を可決・承認して閉会しました。
平成20年11月定例会
 11月定例会が、11月26日(水)午前10時、長崎県庁内の県議会議場において開会し、12月17日(水)までの会期を決定しました。
26日の本会議では、「中小企業に対する円滑な資金供給の確保と地域の情勢に配慮した雇用対策の実施を求める意見書」を可決、「長崎県個人情報保護条例の一部を改正する条例」など46件の議案を上程し、知事説明が行われました。
上程した議案のうち、ノーベル化学賞受賞が決定した下村 脩(しもむら おさむ)氏を長崎県名誉県民に選定する議案に同意し、また、中小企業の資金繰りを緊急に支援するための議案「平成20年度長崎県一般会計補正予算(第3号)」を可決しました。
平成20年9月定例会

 平成20年9月定例会は、9月11日から10月3日まで開かれ、県庁舎整備問題を調査するための「県庁舎整備特別委員会」を設置、「平成20年度長崎県一般会計補正予算」など25の議案を原案のとおり可決・承認・同意し、「長崎県子育て条例」を修正のうえ可決するとともに、「平成19年度長崎県一般会計決算及び各特別会計決算の認定について」の議案は、「決算審査特別委員会」で閉会中に継続審査することとしました。
また、「物価高騰に対する生活・雇用支援のための緊急対策を求める意見書」など6件の意見書を可決、「郵政民営化法の見直しに関する請願書」を採択し、「漁業と農業の両立をめざす諫早湾干拓排水門の開門を求める請願書」は不採択と決定して閉会しました。

平成20年9月臨時会

 平成20年9月臨時会が、9月3日(水)、長崎県庁内の県議会議場において開かれました。
「米印原子力協力協定」問題及び「米原子力艦船の冷却水漏洩」問題についての知事説明が行われた後、「米国とインドの原子力協力に係る日本政府の核不拡散及び核軍縮体制推進を強力に求める意見書」並びに「米原子力潜水艦『ヒューストン』の冷却水漏洩に関する意見書」を可決して閉会しました。

 

トップページへ戻る