ながさきの畜産

ながさきの畜産

長崎県は日本の最西端に位置し、地形は平坦地に乏しく、多くの半島と離島から形成され、海岸線の延長は、約4,183キロメートルと北海道に次ぐ長さとなっています。
壱岐(原の辻)、五島(大浜)の貝塚から牛の骨が発掘されています。また、江戸時代には出島(長崎)の阿蘭陀商館が置かれていましたが、そこには牛などが飼育されていました。
このように豊かな自然と畜産に長い歴史を持つ長崎県は、県内外へ、良質で安全な畜産物の供給基地となっています。

家畜の飼養状況

畜種 飼養戸数 飼養頭羽数 シェア 順位
乳用牛 156戸 7,690頭 0.58% 25位
肉用牛 2,560戸 77,100頭 3.07% 8位
93戸 193,400頭 2.10% 15位
採卵鶏 69戸 1,747千羽 0.96% 27位
ブロイラー 47戸 2,812千羽 2.03% 10位

注1)飼養戸数・飼養頭数については平成30年2月1日現在(畜産統計)
注2)シェア及び順位は飼養頭羽数の全国値に対するもの

農業産出額

1,582億円(うち畜産525億円)

順位 作目 粗生産額
1位 肉用牛 234
2位 127
3位 馬鈴薯 123
4位 118
5位 みかん 105
6位 いちご 103
7位 鶏卵 58
8位 生乳 54
9位 トマト 51
10位 ブロイラー 50

肉用牛

長崎県の農業は、地域を支える重要な産業となっています。その中で、畜産は農業産出額の34%を占める基幹的作目であり、特に肉用牛は第1位の産出額で、離島・半島地域の農業振興に不可欠な作目となっています。

酪農

長崎県の酪農の歴史は古く、今から約200年前に出島で乳牛が飼育されたことにはじまり、明治25年の牛馬籍台帳によると、乳牛が747頭飼育されていました。
生産される生乳の94%は、飲用牛乳等として供給され、特に学校給食では児童・生徒の体位向上に貢献しています。

養豚

養豚は、肉用牛、米、ばれいしょに次ぐ農業産出額をあげています。
近年、生産者の高齢化や後継者不足により、飼養戸数が減少していますが、生産性は年々向上しており、母豚一頭あたり肉豚出荷頭数も増加傾向にあります。

養鶏

新鮮な鶏卵や鶏肉の安定供給を図り、消費者の安全・安心志向に応えることが重要です。
県内の養鶏農家は生産コストの縮減を図るとともに衛生管理の徹底を図り、安全で品質の高い鶏卵・鶏肉の生産に取り組んでいます。

獣医師の仕事内容

家畜保健衛生所

畜産の安全・安心を守っています。

農林技術開発センター

生産現場における技術開発を行っています。

肉用牛改良センター

長崎和牛を創り出しています。

農業大学校

長崎の農業の未来を担う若者を育成しています。

食肉衛生検査所

食肉の安全・安心を守っています。

保健所

食品衛生や動物愛護を普及しています。

環境保健研究センター

感染症等の調査研究をしています。

施設一覧

長崎県の獣医師の職場を紹介します。