県議会の役割と権限

○ 県政の両輪…議決機関と執行機関

 県議会は「議決機関」または「意思決定機関」と呼ばれ、議案などの審議を通して県民の求める県政の基本的な方針を決めます。そして、知事を始めとする「執行機関」は議会の決定に沿って仕事を進めることになります。そこで、両者の関係は県政の両輪ともいわれています。

 また、県議会は、執行機関が行なった仕事が本当に県民のためになったかどうかについてもチェックしています。

○ 議会の権限

 議会には、法律によって多くの権限が与えられていますが、その主なものは次のとおりです。

議決

 議会に与えられた仕事の最も重要なもので、条例の制定・改正・廃止、予算の決定、決算の認定、条例で定める契約の締結など県の重要な事項について議決します。


選挙と同意

 議長、副議長や選挙管理委員会などを選挙します。また、副知事、教育委員会・人事委員会・公安委員会の委員など、県の重要な地位につく人を知事が選任または任命する際には、議会の同意を必要とします。


調査と検査

 執行機関が行なう事業や事務が、議会の決定したとおり実施されているかどうか、あるいは適正に管理されているかどうかの調査や検査をしたり、必要に応じて執行機関に対し説明を求め、意見を述べることができます。


 県民の福祉や利益となることについて、国会又は関係する行政機関に意見書を提出したり、時の国政、社会問題などについて、議会の意思を明らかにするため決議を行ったりします。


請願の受理審査

 県民から提出された請願をいろいろな観点から審査して、適当なものは県政に反映させるよう努めています。


 

トップページへ戻る