■果樹・茶研究部門 - カンキツ研究室


  
■所在: 〒856-0021 大村市鬼橋町1370  電話(0957)55-8733 / ファクシミリ55-6716
■職員数: 研究6,現業2,任用(現業・非現業)1

 

カンキツ研究室では、カンキツの栽培、育種、果樹全般の病害虫、土壌肥料に対応した研究を行っています。

1.「させぼ温州」の栽培技術の開発

高糖度果実となる「させぼ温州」は、市場では高い評価を受けていますが、見かけの樹相とは異なり強勢で、これまでの技術では栽培が大変難しい品種です。そこで、連年安定した着花を確保し、高品質果実へ誘導するための技術開発を行っています。

2.長崎オリジナルカンキツの育成

本県では、「原口早生」、「させぼ温州」といった優良な品種がありますが、さらに消費者ニーズに応えられる品種を揃え、市場流通を改善する必要があります。そのための品種の育成を進め、長崎オリジナル新品種「長崎果研させぼ1号」「長崎果研原口1号」を育成し、安定生産技術の開発を行っています。

3.気候温暖化に対応した技術開発

着色不良や日焼け果、浮き皮等の障害果が多くなり果樹経営に影響を与えています。障害果を少なくするための技術開発やわい性台木(ヒリュウ)を活用して温暖化条件下においても省力化・高品質化が可能となるための研究を進めています。また、温暖化を活用した完熟栽培技術の開発にも取り組んでいます。

4.環境に配慮した防除技術

化学農薬削減技術をさらに進展させるために、天敵防除資材や土着天敵の利活用が不可欠となっています。そこで、ハダニやアザミウマ等の難防除害虫を対象にした天敵利用技術の開発に取り組んでいます。

 


研究課題

現在取り組んでいる研究課題


終了した研究課題