■干拓営農研究部門

■所在: 〒854-0038 諫早市中央干拓131 TEL(0957)35-1272 / FAX35-1273
■職員数: 研究5(うち部門長1),現業1,嘱託2

背後低平地の防災機能強化と大規模で平坦な優良農地造成を目的とした国営諫早湾干拓事業は、1986(昭和61)年12月に事業計画が決定し、2008(平成20)年3月に事業が完了しました。諫早湾干拓農地(中央干拓地581ha、小江干拓地91haの計672ha)では、2008(平成20)年4月から41経営体が約40品目の農産物について環境保全型農業による大規模で先進的な営農を展開しています。

※2013(平成25)年のリース更新により一部入れ替えがあり、2014(平成26)年現在は39経営体

長崎県農林技術開発センターでは1996(平成8)年度から干拓営農に関する調査を開始し、1998(平成10)年度から小江干拓地での栽培実証に取り組んだのち、中央干拓地に試験ほ場と研究施設を整備して、2000(平成12)年度から諫早湾干拓地における畑地営農に関する研究を行っています。

現在、干拓営農研究部門では、農林技術開発センターの試験研究・技術開発の基本理念「農林業の生産から消費に至る農林業技術の研究開発による長崎県の活性化」に則り、重点項目として「諫早湾干拓大規模環境保全型農業技術による安定生産技術の確立」を掲げ、次の3項目の研究に取り組んでいます。

大規模環境保全型農業生産技術による安定生産技術の確立

大規模環境保全型農業生産団地の育成

(諫早湾干拓農産物の品質・加工適性等の科学的解明とブランド化に向けた高品質・安定生産技術の確立)

物質循環型農業の確立

具体的には、2008(平成20)年度から実施してきた大規模環境保全型農業生産技術の確立について、2011(平成23)年3月に露地野菜等16品目の「諫早湾干拓地における大規模模環境保全型農業技術対策の手引書」を作成し、さらに拡充させた27品目の主な作型について「諫早湾干拓地における大規模模環境保全型農業技術対策の手引書(追補版)」を2013(平成25)年3月に作成しました。

現在は大規模環境保全型農業生産技術を基に、大規模農地の特徴を活かした加工業務用野菜等栽培や干拓産農産物の特徴を生かした施設野菜の高品質・安定生産技術、露地野菜の作型分散・新作型の確立を目指しています。

そのほか有明海や干拓地周辺の環境に配慮した農業技術の開発として干拓地からの排水の負荷軽減対策、太陽光発電エネルギーを活用した施設環境制御の開発等にも取り組んでいます。

 
干拓部門の要覧 農業技術対策の手引き 農業技術対策の手引き
(追補版)
中央干拓地試験圃場から雲仙普賢岳を望む
(2012年4月版) (2011年3月版) (2013年3月版)  
PDF (約2MB) PDF (約62MB)  

研究課題

現在取り組んでいる研究課題の紹介へ

終了した研究課題の成果の紹介へ