■森林研究部門

■所在: (本所)  TEL(0957)26-4292 / FAX26-9197
■職員数: 研究7(うち部門長1),現業2

 

長崎県の森林面積は約242,000ヘクタールあります。そのうちヒノキやスギなどの人工林が、約104,000ヘクタールで森林面積の約43%を占めています。

本県は離島や半島が多く、海岸線の総延長も長いことから、海の影響を強く受けている森林が多いことが特徴です。 森林には、木材を生産する機能に加えて、水源かん養・防潮・防風等の多面的機能があることが古くから広く知られています。近年では、温室効果ガスのひとつとされる二酸化炭素吸収機能が社会的に注目されています。

このような森林のもつ機能を十分発揮させるための技術開発に加えて、森林の伐採・利用→植林→育成→伐採・利用という循環利用を 円滑に進めるための低コスト化や資源管理技術など持続可能な森林経営のための技術開発、地域活性化への貢献を目ざしたシイタケやツバキなど、他県とも競争できる特用林産物の振興のための技術開発に取り組んでいます。

森林研究部門では、他の研究機関、大学、地元市町や民間団体などと連携して、次のような研究・開発に部門員全員が積極的に取り組んでいます。

 森林資源の循環利用など持続可能な森林経営に関する試験。

 低コストで効率的な森林施業技術の開発。

 森林病害虫獣害防除技術の改善及び開発。

 木質資源の利用・加工及びシイタケなど特用林産物の栽培技術の開発。

 水土保全、海岸林育成、温暖化防止技術など森林機能の発揮と環境保全に関する研究。


主な研究課題

現在取り組んでいる研究課題

終了した研究課題