このページは、共通のメニューを読み飛ばすことができます。直接本文をご覧になるかたは「このページの情報へ」というリンクをクリックしてください。
このページの情報へ
光触媒を用いた水素製造等に関するセミナーを開催しました 2016-02-29/分類[センターニュース]
平成28年2月25日(木)に、東京大学生産技術研究所光電子融合研究センター立間徹教授をお招きし、「光触媒を用いた水分解による水素製造などに関する展望」と題して講演会を開催しました。
 長崎県では、現在長崎県水素戦略を策定中であり、長崎県の地域資源を最大限に活用した水素社会の実現に向けた具体的取り組みを平成28年度から検討していくこととなっております。水素製造の一つに光触媒を活用し太陽エネルギーから直接を水素を取り出す技術があり、今回は基礎と将来展望について、幅広くご講演頂きました。
 また、講演会終了後、当センターが行なっております「無機材料・プロセス研究会」の一環として、講師と参加者の意見交換を行い、多くの方に参加していただきました。
 今後も、環境・エネルギーに関する技術や機能性材料に関する講演会を開催しますので、是非ご参加ください。

所長からの挨拶成果品ギャラリー業務報告研究報告技術情報情報誌「窯KAMA」アスベストに関するQ&A

長崎県窯業技術センター/〒859-3726 長崎県東彼杵郡波佐見町稗木場郷605-2
電話:0956-85-3140・ファックス:0956-85-6872