このページは、共通のメニューを読み飛ばすことができます。直接本文をご覧になるかたは「このページの情報へ」というリンクをクリックしてください。
このページの情報へ
共同開発した「ながさき無鉛和絵具」を使った絵皿を知事に贈呈 2011-12-09/分類[センターニュース]
11月24日(木)県庁において、多くの報道関係者が集まる中、長崎県陶磁器上絵付協同組合、東彼商工会と当センターが共同開発した「ながさき無鉛和絵具」で加飾した絵皿が、長崎県陶磁器上絵付協同組合の林田理事長から中村知事に贈呈されました。「ながさき無鉛和絵具」は鉛を含みませんが、これまでの有鉛絵具と同等の透明性と良好な発色の上絵が得られます。知事からは「有鉛と区別がつかないほどの素晴らしい出来。産地の振興に向けて、これからも努力してほしい。」とのお言葉をいただきました。

所長からの挨拶成果品ギャラリー業務報告研究報告技術情報情報誌「窯KAMA」アスベストに関するQ&A

長崎県窯業技術センター/〒859-3726 長崎県東彼杵郡波佐見町稗木場郷605-2
電話:0956-85-3140・ファックス:0956-85-6872