このページは、共通のメニューを読み飛ばすことができます。直接本文をご覧になるかたは「このページの情報へ」というリンクをクリックしてください。
このページの情報へ
コンプラ瓶の灯籠が夏まつりの沿道を照らしました 2010-09-07/分類[センターニュース]
波佐見町から生地の成形の依頼を受け、当センターで作製したコンプラ瓶の灯籠200個が、8月28日(土)に開催された「はさみ夏まつり」の沿道を幻想的に照らし出しました(写真右)。この灯籠は、窯業技術センターが開発した光を良く透過する陶土でできており、容器の中のロウソクの光が素地を通ると、暖かみのある光となってまわりを照らします(写真下)。

所長からの挨拶成果品ギャラリー業務報告研究報告技術情報情報誌「窯KAMA」アスベストに関するQ&A

長崎県窯業技術センター/〒859-3726 長崎県東彼杵郡波佐見町稗木場郷605-2
電話:0956-85-3140・ファックス:0956-85-6872