このページは、共通のメニューを読み飛ばすことができます。直接本文をご覧になるかたは「このページの情報へ」というリンクをクリックしてください。
このページの情報へ
volume085 研究業務の紹介/技術成果発表会のお知らせ 2005-06-01/分類[センターニュース]
■藻場再生プロジェクト
  長崎県は周囲を海で囲まれ、漁業生産額全国2位を誇る豊かな資源に恵まれた水産県です。”海のゆりかご”と呼ばれる海藻の群落(藻場)は、魚介類の産卵・育成の場として大変重要ですが、近年この藻場が消失する磯焼け現象が発生し、漁業に大きな影響を及ぼしています。
  窯業技術センターでは、藻場を再生し豊かな水産資源を取り戻すことを目指して、磯焼けの原因の一つである魚の食害から海藻を守り育てる基質(ブロック)の開発を総合水産試験場と共同で実施しています。写真は、リサイクル材を有効利用したブロックに海藻が着生している様子を示しています。(研究開発科 吉田)

■平成17年度第1回技術成果発表会のお知らせ
技術成果発表会を6月17日に当センターで開催します。今回は、陶磁器に関する技術成果について発表します。(お問い合わせは、研究企画課 久田松まで)

所長からの挨拶成果品ギャラリー業務報告研究報告技術情報情報誌「窯KAMA」アスベストに関するQ&A

長崎県窯業技術センター/〒859-3726 長崎県東彼杵郡波佐見町稗木場郷605-2
電話:0956-85-3140・ファックス:0956-85-6872