ホーム > 食育 > 長崎県の取組み > 学生食育ボランティア活動について > 野菜料理、朝ご飯料理を作って、食べて、情報を発信しよう

野菜料理、朝ご飯料理を作って、食べて、情報を発信しよう

 長崎県では、若い世代の食生活の課題である、朝食の欠食や野菜摂取不足の改善に向けて、
学生の皆さんと県が力を合わせて取り組むために、令和3年度から学生食育ボランティアを
育成し、その方々に活動をしてもらっています。
 このページでは、学生食育ボランティアの皆さんの活動について紹介します。ぜひ、ご覧ください。

 

活動1「野菜料理、朝ご飯料理を作って、食べて、情報を発信しよう」(その1) 

 3名の学生食育ボランティアが、野菜たっぷり料理や朝ごはんを作って、若い世代の食に
関する課題改善に向けた情報発信のための記事を作成しました。
 普段、朝食をあまりとっていない方、野菜不足を感じている方は、参考にされてくださいね。
記事は、以下をクリックしてください。

 「ブロッコリーソースのぺペロンチーノ」「ふわふわ卵のトマトあんかけ」(PDF:5MB)
 「レタスのツナ炒め」「レタスの韓国風サラダ」(PDF:3MB)
 「フレッシュトマトのパスタ」「小松菜の海苔炒め」(PDF:5MB)

 

 活動1「野菜料理、朝ご飯料理を作って、食べて、情報を発信しよう」(その2)

「大根と柿のマリネ」 (PDF:3.4MB)

「白菜のチーズ蒸し」「パパっとサバサンド」 (PDF:3.2MB)

「小松菜とじゃこのペペロンチーノ」「かぼちゃの豆腐クリームあえ」 (PDF:5.8MB)