ホーム > 食品の安全・安心 > 食品の安全・安心に関する情報等 > 食中毒に関して > 食肉の生食(レバ刺しなど)にご注意ください

食肉の生食(レバ刺しなど)にご注意ください

生の食肉は、腸管出血性大腸菌(O157など)、カンピロバクターなどの食中毒菌が付着していることがあり、生食や過熱不十分な食肉を原因とした食中毒が発生しています。

牛については、平成24年7月から食品衛生法に基づいて、牛のレバーを生食用として販売・提供することが禁止されました。また、豚についても平成27年6月12日から食品衛生法に基づいて、豚のお肉や内臓を生食用として販売・提供することが禁止されました。

牛や豚のレバーなどは生で食べず、中心部まで十分に加熱して食べましょう。

【関連リンク(厚生労働省ホームページより)】

 ・お肉はよく焼いて食べよう

 ・牛レバーを生食するのは、やめましょう(「レバ刺し」等)

 ・豚のお肉や内臓を生食するのは、やめましょう