農業を始める

トップ > 農業を始める

農業を始める

新しく農業を始めるためには、作物を育てる栽培技術だけでなく、農地や機械・施設も準備が必要です。各種支援制度を活用して、計画的に農業による「起業」を目指しましょう!

就農相談から経営確立までの6ステップ

就農相談から経営確立までの6ステップ

就農シミュレータ各地域の主な品目で新しく農業を始めた場合の農業経営試算(シミュレータ)です。

就農支援事業・制度のご案内・認定新規就農者
・青年等就農資金
・農業次世代人材投資事業(経営開始型)
・施設・機械の補助事業
・農地の確保

地域と上手に付き合おう

各種支援制度を活用するためには、市町の農業関係部署が窓口となりますが、地域と上手に付き合い溶け込むことが農業経営確立の早道です。
地域の師匠となる農家や集落の方に気候や風土、人付き合いのコツなど地域ならではのことを教わりましょう。
若手の交流や仲間づくりは、地域の「青年農業者連絡協議会(通称:4Hクラブ)」や農協青年部に入会してもよいでしょう。
栽培技術や農業経営の相談は「地域就農相談センター」(各地域の振興局(県の地方機関))でも応じており、新規就農者のフォローアップを行っています。