長崎県

新型コロナウイルス感染症に関連する人権への配慮について

新型コロナウイルス感染症に関連する人権への配慮について

 新型コロナウイルスへの感染者が本県においても発生している中、緊急事態宣言が全国に拡大されました。
 このような中、感染された方やそのご家族、職場の関係者、治療に当たられている医療関係者、そのご家族等が、差別や偏見、不当な扱いを受ける事態が起きているとの報道があっています。
 新型コロナウイルスに感染するリスクは誰にでもあります。
 お互いを思いやり、支え合うことが、今一番求められています。
 誤った情報や不確かな情報に惑わされて人権侵害につながることがないよう、国や地方公共団体が発表する正しい情報に基づいた、冷静な対応と行動をお願いします。

 人権への配慮について(「新型コロナウイルス対策6」篇)(政府広報室ホームページへリンク)

 新型コロナウイルス感染症に関する情報

 新型コロナウイルス感染症について(長崎県ホームページ)

 新型コロナウイルス感染症 ご利用ください お役立ち情報(首相官邸ホームページへリンク)

 

人権に関する相談について

下記の窓口で相談を受け付けています。

  • 長崎県人権教育啓発センター(長崎県人権・同和対策課)
    095-826-5115(午前9時から午後5時まで)
    相談内容に応じて、適切な専門機関をご紹介します。
    ※休館日/祝日、振替休日と年末年始(12月29日から1月3日)

    以下は、法務省の相談窓口です。
    人権侵犯事件として救済措置を希望される方は、まずは下記の「みんなの人権110番」にご相談ください。

  • みんなの人権110番(全国共通人権相談ダイヤル)
    0570-003-110 (平日午前8時30分から午後5時15分まで )
    ※おかけになった場所の最寄の法務局・地方法務局につながります。
  • 子どもの人権110番
    0120-007-110 (平日午前8時30分から午後5時15分まで)
  • 外国語人権相談ダイヤル
    0570-090911  (平日午前9時から午後5時まで)

    新型コロナウイルス感染症に関連して(法務省ホームページへリンク)

このページの掲載元

先頭に戻る

メニュー