長崎県

防災航空隊

  • 長崎県防災ヘリコプターは平成5 年3 月25 日に雲仙普賢岳災害対策や各種災害への対応等を主な目的として導入され、平成5年4月か
    ら消防防災体制の充実強化のため運用が開始されました。
  • その後、平成7 年11 月に「九州・山口9県災害時相互応援協定」が締結されたことを受け、平成8 年4 月1 日「長崎県防災航空隊」が正式に発足しました。
  • 当初長崎・佐世保・島原(後に県央)消防本部各4 名の隊員により構成されていましたが、平成22 年4 月1 日に有事即応体制の構築のため、常駐化の必要性から関係自治体、長崎県消防長会等との度重なる協議を経て、大村市今津町に長崎県防災航空センターを開所し、常駐化を開始しました。
  • また、平成24 年2 月25 日に約19 年間にわたり活躍した川崎式BK117C-1 初代「ながさき」が退任し、新たにユーロコプター式AS365N3+に機体が更新されました。
  • 今後も空の上から県民の安心・安全を守り災害に強い長崎県を目指します。

活動内容

運航状況

組織図

機体

隊員

資器材

緊急運航要請フロー

このページの掲載元

  • 危機管理課
  • 住所:長崎市江戸町2-13
  • 電話:095-895-2142
  • ファクシミリ:095-821-9202
先頭に戻る

メニュー