このページは、共通のメニューを読み飛ばすことができます。直接本文をご覧になるかたは「このページの情報へ」というリンクをクリックしてください。
このページの情報へ

所長からの挨拶

 本県の地場産業である陶磁器生産額は、食生活の変化に加え、消費者ニーズの多様化、輸入商品の増大に伴い、年々落ち込みを続けておりましたが、平成24年度からは持ち直しの傾向が見られています。
 当センターにおいては、産地に身近な試験研究機関として、各種試験・研究のみならず、技術相談・指導や人材育成にも積極的に取り組んでおります。

 平成29年度は、昨年度からスタートした「長崎県総合計画 チャレンジ2020」及び「ながさき産業振興プラン」の推進に引き続き取り組んでまいります。

 具体的には、
   1.地域を支える産業基盤の強化
   2.新たな成長分野への参入支援
   3.県内企業の人材育成
 に取り組んでいくこととしています。

 また、現在、様々な産業で三次元デジタル装置が活用されていますが、当センターにおいても、三次元スキャナー・プリンターや3軸・5軸のモデリングマシン等を導入しており、依頼試験や開放設備に利用していただいています。併せて、操作方法の研修も実施しており、陶磁器業界における多品種少量、短納期製品への迅速な対応に活用できるものと考えておりますので、幅広い皆様のご利用をお待ちしております。

平成29年4月3日
長崎県窯業技術センター 所長 佛田 正博

所長からの挨拶成果品ギャラリー業務報告研究報告技術情報情報誌「窯KAMA」アスベストに関するQ&A

長崎県窯業技術センター/〒859-3726 長崎県東彼杵郡波佐見町稗木場郷605-2
電話:0956-85-3140・ファックス:0956-85-6872