長崎県

環境保健研究センター

新着情報

 

業務内容

<愛称>
 環境みらいプラザ

<運営の理念>
 大学、国公立及び民間の研究機関と協調・連携可能な資質を有し、県民生活の質の向上に繋がる精度の高い試験検査並びに国際的視野に立脚した高度な研究活動及び情報提供を行うことにより、環境保全、食の安全・安心、生命や健康の維持に関して県民に信頼・支持される研究所を目指します。

お知らせ

環境保健研究センター紹介

パンフレット、運営計画など

ご利用案内

見学・学習会の申込、物品の貸出など

交通案内

地球環境保全と豊かで健全な環境の確保

水域、大気、放射能、土壌等環境の保全に関する調査・観測、試験検査及び研究

低炭素・循環型地域社会づくり

資源の循環的利用の推進及び化石燃料に関する研究、バイオディーゼル燃料の普及促進に向けた手引きなど

閉鎖性水域の環境浄化・水辺環境づくり

大村湾及び諫早湾干拓調整池等閉鎖性推移にの水環境改善等に関する研究、生態系を活用した水環境の改善手法に関する研究

安全・安心な生活の確保

食品衛生対策・健康被害対策(医薬品、家庭用品及びカネミ油症等)に係る試験検査、農産物、水産物等食品中の迅速分析法の確立に関する研究、健康被害物質(化学物質)の究明に関する研究、食品健康被害原因物質(細菌・ウイルス)の究明等に関する研究

感染症の究明・拡大防止

感染源の解明等に関する試験検査、感染症の高感度迅速診断法並びに予防治療に関する研究

教育研修

学習会、施設見学、一般公開

情報収集・解析・発信

所報、研究発表会、長崎新聞「研究所から」、環境保健総合情報システムなど

環境保健研究センターの入札情報

感染症情報センター

感染症情報速報、特に注意すべき感染症の情報など

倫理審査委員会

設置要綱、審査結果など

環境みらいプラザ 

 次の5つの基本的機能をもって運営を行います。

1.試験検査

豊かで健全な環境の確保
食の安全・安心の確保
健康被害の予防と衛生水準の確保向上
感染症の究明・拡大防止

2.調査研究

地球環境の保全と豊かで健全な環境の確保
低炭素・循環型地域社会づくり
閉鎖性水域の環境浄化・水辺環境づくり
安全・安心な生活の確保
感染症の究明・拡大防止

3.情報収集・解析・発信

長崎県環境情報システム
長崎県大気環境速報システム
感染症情報センター
環境保健研究センターホームページ
環境保健研究センターTwitter

4.教育研修

地域リーダー等の育成支援
県民の学習活動の支援
センターの公開

5.企画調整

以上の機能を拡充させ、円滑に遂行するため、各機能間の総合的調整やセンター内外との連携調整を行うための体制を維持し、各機能間での効率的、効果的活動に繋げます。 

このページの掲載元

  • 環境保健研究センター
  • 住所:〒856-0026 長崎県大村市池田2丁目1306番地11
  • 電話:0957-48-7560
  • ファクシミリ:0957-48-7570
先頭に戻る

メニュー