長崎県

鳥インフルエンザについて

鳥インフルエンザウイルスは、通常の生活で鶏から人へ感染する可能性はきわめて低いと考えられます。

また、これまで人から人への感染が確認されたこともありませんが、県では鶏などへの感染防止に努めておりますので、ご理解・ご協力をお願いいたします。

なお、わが国ではこれまで、鶏卵・鶏肉を食べることにより、鳥インフルエンザウイルスが人に感染した事例はありません。

鳥インフルエンザについてのQ&A

詳細な情報は下記ページでご確認ください

養鶏に関する情報(畜産課のページへリンク)

家きんの肉や卵など食品の安全・安心に関する情報(食品安全・消費生活課のページへリンク)

人の健康に関すること(医療政策課のページへリンク)

野鳥に関すること(自然環境課のページへリンク)

鳥インフルエンザに関する記者発表資料

2017年2月6日 野鳥監視重点区域の解除について(自然環境課)

2017年1月17日 高病原性鳥インフルエンザ発生防止のための緊急消毒について(畜産課)

2017年1月10日 環境省の野鳥緊急調査チームによる調査の結果について(自然環境課)

2017年1月5日 鳥インフルエンザ陽性事例における緊急調査チームの派遣について(自然環境課)  

2016年12月28日 諫早市で回収された死亡野鳥における高病原性鳥インフルエンザウイルス確定検査結果について(自然環境課)[PDFファイル/12KB]

2016年12月28日 熊本県鳥インフルエンザ発生に伴う消毒ポイントの設置について(畜産課、島原振興局防疫課)

2016年12月27日 長崎県鳥インフルエンザ防疫対策会議の開催について(畜産課、食品安全・消費生活課)

2016年12月23日 県内の家きん飼養農場における異常確認の結果について(畜産課)[PDFファイル/10KB]

 2016年12月22日 死亡野鳥における鳥インフルエンザ遺伝子検査結果について(自然環境課)[PDFファイル/11KB]

2016年12月22日 死亡野鳥におけるA型鳥インフルエンザ簡易検査陽性事例について(自然環境課)

先頭に戻る