遊漁船業について

遊漁船業とは

船舶により利用客を漁場に案内し、釣りなどの方法で、利用客に水産動植物を採捕させる事業です。代表的な例としては、船釣り、瀬渡しなどの釣りなどがあります。また、水産動植物を採補する方法としては、釣り、網を使用する方法、網以外の漁具を移動しないように敷設して行う方法、やす又はは具を使用する方法、徒手で採補する方法が、法律で規定されています。

遊漁船業をはじめる前に

1.遊漁船業務主任者を選任しているか

遊漁船業務主任者とは、遊漁船において、利用者の安全管理、漁場の選定、水産動植物を適正に採補させるための指導や助言など、利用者に適正な釣り等を行わせるための責任を持つ人になります。この遊漁船業務主任者は使用する遊漁船1隻ごとに必ず乗船させなければなりません。

2.遊漁船業務主任者になるためには

遊漁船業務主任者になるには、次の基準を全て満たす必要があります。 

  • 遊漁船業務主任者講習会の受講修了証明書が交付されていること
  • 海技免状及び小型船舶操縦士の免許を取得していること
  • 1年以上の実務経験または、10日間以上(1日5時間以上)の遊漁船の実務研修を修了していること

3.保険に加入しているか。

遊漁船の旅客定員(利用客)、1人あたりのてん補限度額が3千万円以上の保険に加入していることが法律で義務づけられています。

遊漁船業者の登録を受けている皆さまへ

1.遊漁船業者に対する指導等

遊漁船業者は、遊漁船業の適正化に関する法律及び同法施行規則、並びに事業者自らが定める業務規程に従って、適正な事業運営をしなければなりません。

長崎県では遊漁船業の適正な事業運営の確保に資するため、遊漁船業の適正化に関する法律に基づく行政処分等の事務処理要綱を定めておりますので、次のファイルをご参照ください。

長崎県遊漁船業者に係る行政処分等の事務処理要綱[PDFファイル/29KB]

2.遊漁者によるくろまぐろの採捕の制限について

このことについて、日本海・九州西広域漁業調整委員会指示が発出されており、「令和4年6月1日から令和5年3月31日」の期間中、くろまぐろ(小型魚)は採捕の禁止、くろまぐろ(大型魚)は採捕の制限(1人1日あたり1尾まで)、及び遊漁者がくろまぐろ(大型魚)を採捕した場合には、陸揚げした日から10日以内に、水産庁へ報告をすることが義務付けられております。
つきましては、上記の期間中、委員会指示を遵守していただきますようお願いいたします。
なお、委員会会長より、くろまぐろ(大型魚)の採捕禁止について公示がある場合は、随時、長崎県ホームページでも更新していきます。
その他詳細は以下のリンクによりご確認ください。

日本海・九州西広域漁業調整委員会指示第68号[PDFファイル/62KB]

水産庁ホームページ『遊漁の部屋』https://www.jfa.maff.go.jp/j/yugyo/y_kuromaguro/kyouryokuirai.html


遊漁船を利用する皆様へ

1.長崎県内で遊漁船業者の登録を受けている事業者の一覧

長崎県遊漁船業者一覧[Excelファイル/40KB]

新規登録申請について
遊漁船業務主任者講習会について
申請書様式等

このページの掲載元

  • 漁業振興課
  • 郵便番号 850-8570  
    長崎県長崎市尾上町3番1号
  • 電話番号 095-895-2821
  • ファックス番号 095-895-2584