長崎県

全国過疎問題シンポジウム2013inながさき

全国過疎問題シンポジウム2013inながさきのヘッダー画像

「全国過疎問題シンポジウム2013inながさき」報告書を作成しました!

 総務省、長崎県、全国過疎地域自立促進連盟、長崎県過疎地域自立促進協議会の共催により、「全国過疎問題シンポジウム2013inながさき」を平成25年10月10日(木)から11日(金)にかけて2日間の日程で、長崎県の佐世保市、松浦市、平戸市、西海市、新上五島町にて開催しました。

 現在、多くの過疎地域は、急速な人口減少や少子高齢化、産業の衰退、生活基盤の弱体化、集落消滅の危機など、さまざまな課題に直面しています。

 一方で、豊かな自然や歴史、文化が受け継がれており、それぞれの地域において多様性に富んだ美しいふるさとがかたちづくられています。

 また、安心安全な食料の生産、水源の涵養、自然災害の防止などを通じて、過疎地域のみならず、都市を含めた社会全体の生活活動を支える公益的な役割を担っています。

 今回のシンポジウムは、こうした点をふまえ、「過疎・離島・半島っていいね!―本物の価値、コミュニティの知恵、そして誇り―」をテーマに、過疎対策に携わる行政関係者をはじめ、広く住民や地域づくり関係者などを交え、過疎地域の担う役割や意味、新たな過疎対策のあり方、今後の課題などについて、熱心な議論や情報交換・交流を行いました。

 このたび、シンポジウムの基調講演、全体会パネルディスカッション、分科会などの内容を収録した報告書を作成しましたので、ぜひご活用ください。

 

「全国過疎問題シンポジウム2013inながさき」報告書

 

このページの掲載元

先頭に戻る

メニュー