長崎県ホームページ


ここからこのページの情報です。

パンくずリスト(現在位置の表示)

長崎県文化財データベース エリアでさがす

ファイル 壱岐志原のスキヤクジャク群落

壱岐でこの場所のみ自生する南方系のシダ
壱岐志原のスキヤクジャク群落
天然記念物(県指定)
よみがないきしわらのすきやくじゃくぐんらく
指定年月日昭和31年(1956)4月6日
所在地壱岐市郷ノ浦町志原大原触
所有者壱岐市
最寄り駅志原下車 徒歩10分
ファイル

 スキヤクジャクはアジアンタム属の美しいシダで、地下の短い茎から数枚の葉が出る。よく発達した葉は、全長15㎝に達して3枚に分かれ、それに多数の小葉がつく。細い根にこぶ状の小体ができ、それによっても繁殖する特性がある。志原は壱岐の南部にある集落で、自生地は人家に近い溝のほとりである。現在、日本で知られている産地は、硫黄島、屋久島、壱岐島、北松大島など7ヵ所で、琉球列島にも知られていない。自生地の状況から見て、胞子が南方から飛来して発生したものと思われる。

大きな地図で見る

ここまでがこのページの情報です。
ページの先頭へ

現在、スタイルシートが適用されていないため、 画面上のデザインは再現されていません。 スタイルシートに互換性のあるモダンブラウザのご利用をおすすめいたします。
ページの先頭へ