長崎県ホームページ


ここからこのページの情報です。

パンくずリスト(現在位置の表示)

長崎県文化財データベース エリアでさがす

ファイル 壱岐国安国寺跡

獅子窟と書かれた仏殿は安政8(1779)年に再興、惣門と呼ばれる山門は天明元(1781)年に再建
壱岐国安国寺跡
史跡(県指定)
よみがないきのくにあんこくじあと
指定年月日昭和49年(1974)4月9日
所在地壱岐市芦辺町深江栄触546
所有者安国寺
最寄り駅安国寺下車 徒歩1分

 足利尊氏・直義兄弟は夢(む)窓(そう)疎(そ)石(せき)の勧めによって、平和を祈願し、元弘以来の戦死者の菩提をとむらうため、暦応元年(1338)頃から以後約10ヵ年にわたり、全国六十六国二島にそれぞれ一寺一塔をつくった。
 そして貞和元年(1345)に光(こう)厳(ごん)上皇の院宣(いんぜん)によって、寺を安国、塔を利(り)生(しょう)と称した。壱岐国安国寺はこの時創建されたものではなく、既存の海(かい)印(いん)寺(じ)を安国寺にあてたもので、そのため壱岐安国海印寺と呼ばれている。
 安国寺の開山は無(む)隠(いん)元(げん)晦(かい)で、京都南禅寺から観応元年(1350)以後に来島して開いた。以来火災にあうこともなく、高麗版大般若経などを蔵して今日に至っている。一方利生塔は今日伝わっていない。


大きな地図で見る

ここまでがこのページの情報です。
ページの先頭へ

現在、スタイルシートが適用されていないため、 画面上のデザインは再現されていません。 スタイルシートに互換性のあるモダンブラウザのご利用をおすすめいたします。
ページの先頭へ