長崎県ホームページ


ここからこのページの情報です。

パンくずリスト(現在位置の表示)

長崎県文化財データベース エリアでさがす

ファイル 対馬円通寺宗家墓地

対馬円通寺宗家墓地
史跡(県指定) 
よみがなつしまえんつうじそうけぼち
指定年月日昭和50年(1975)1月7日
所在地対馬市峰町佐賀字寺ノ前572
所有者円通寺

 対馬東岸の良港佐賀(さか)浦は、室町時代前期を通じて島府が置かれ、島主宗氏はこの地にいて全島を支配した。宗貞茂(応永)、宗貞盛(応永~享徳)、宗茂(しげ)職(もと)(享徳~応仁)を経て、宗貞国が応仁2年(1468)府中(厳原)に移るまでの間、円通寺は宗氏の菩提寺であった。
 円通寺の裏山に数基の宝(ほう)篋(きょう)印(いん)塔(とう)があるが、個々の墓についての所伝はない。円通寺の寺号は、貞盛の法号である。中世の由緒ある墓地として、対馬の歴史を知るうえで貴重な遺跡である。

大きな地図で見る

ここまでがこのページの情報です。
ページの先頭へ

現在、スタイルシートが適用されていないため、 画面上のデザインは再現されていません。 スタイルシートに互換性のあるモダンブラウザのご利用をおすすめいたします。
ページの先頭へ