長崎県ホームページ


ここからこのページの情報です。

パンくずリスト(現在位置の表示)

長崎県文化財データベース エリアでさがす

ファイル 弘安の役瀬戸浦古戦場

少弐資時戦死の地、付近には戦死者を供養するための千人塚が遺る
弘安の役瀬戸浦古戦場
史跡(県指定) 
よみがなこうあんのえきせとうらこせんじょう
指定年月日昭和50年(1975)1月7日
所在地壱岐市芦辺町箱崎大左右触
所有者壱岐市
最寄り駅瀬戸向町下車 徒歩5分

 第2回の元軍の襲来のいわゆる弘安の役(弘安4年・1281)に際し、壱岐の瀬戸浦(芦辺町)は激戦の地であった。これについては、「龍造寺文書」弘安5年(1282)9月9日肥前守護北条時定書状に、「去年異賊襲来時、7月2日、於壱岐島瀬戸浦令合戦由事、申状并證人起請文令披見畢」とあるのによっても明らかである。瀬戸浦の東方には武藤経資の三男資時の墓といわれるものがある。壱岐の守護としては、今日わずかに文永10年(1273)11月16日当時武藤資能を確認する(「松浦文書」)のみである。武藤(のち少弐)資時はあるいは壱岐守護代であったかともみられるが確認できない。

大きな地図で見る

ここまでがこのページの情報です。
ページの先頭へ

現在、スタイルシートが適用されていないため、 画面上のデザインは再現されていません。 スタイルシートに互換性のあるモダンブラウザのご利用をおすすめいたします。
ページの先頭へ