長崎県ホームページ


ここからこのページの情報です。

パンくずリスト(現在位置の表示)

長崎県文化財データベース エリアでさがす

ファイル 根曽古墳群

根曽古墳群
史跡(国指定) 
よみがなねそこふんぐん
指定年月日昭和51年(1976)2月24日
所在地対馬市美津島町雞知
所有者対馬市

 根曽古墳群は、対馬の中央部東海岸、雞(け)知(ち)浦に面した海岸台地にある古墳群で、前方後円墳3基、円墳2基からなる。
 第1号墳は、最高所に位置する積石塚の前方後円墳であり、全長約30m、前方部長さ12.3m、幅5.5m、高さ1m、後円部は径14.5mで板石石室から鉄鏃・刀・碧玉製管玉が発見されている。第2号墳も積石塚の前方後円墳であり全長約36m、前方部約17m、墳形をよくとどめ後円部中央に板石石室、前方部くびれ部にも積石石室がみられる。第3号墳は、巨材を用いた板石横穴式石室であり、各壁を一枚石でつくる特異な構造をとる。第4号墳も積石の前方後円墳であるが破壊がはげしい。第5号墳は箱式石棺を伴う積石の円墳である。
 前方後円墳は、対馬では少ないためきわめて重要なものであり、系譜的な流れをもつ点や古墳文化の受容や導入を考える上に貴重な資料となる。


大きな地図で見る

ここまでがこのページの情報です。
ページの先頭へ

現在、スタイルシートが適用されていないため、 画面上のデザインは再現されていません。 スタイルシートに互換性のあるモダンブラウザのご利用をおすすめいたします。
ページの先頭へ