長崎県ホームページ


ここからこのページの情報です。

パンくずリスト(現在位置の表示)

長崎県文化財データベース エリアでさがす

ファイル 浦頭教会聖教木版画(筆彩三幅)

浦頭教会聖教木版画(筆彩三幅)
有形文化財(県指定) 
よみがなうらがしらきょうかいせいきょうもくはんが(ひっさいさんぷく)
指定年月日昭和52年(1977)1月11日
所在地五島市奥浦町堂崎2019(堂崎教会内)
所有者浦頭カトリック教会

 長崎市外海町の出津修道院所蔵の「木版画筆彩「煉獄の霊魂の救い」」(県指定有形文化財)と同種のもので、明治10年(1877)頃にフランス人宣教師のド・ロ神父が布教用のために日本人絵師も作らせた木版である。出津に所蔵されていない「善人の最後」・「悪人の最後」・「最後の審判」があり、いずれも軸装されている。縦169cm、横76.8cm。
 製作年代も出津修道院所蔵の版画と同時代と考えられ、版木で下刷りしたものに着彩し、教会堂内の装飾や宣教のための視覚教材として使用した。明治6年(1873)に信仰の自由が認められた後、キリシタン復興のため五島を訪れたフランス人宣教師たちによって持ち込まれたものと思われ、昭和48年(1973)に五島の個人宅で発見された。


大きな地図で見る

ここまでがこのページの情報です。
ページの先頭へ

現在、スタイルシートが適用されていないため、 画面上のデザインは再現されていません。 スタイルシートに互換性のあるモダンブラウザのご利用をおすすめいたします。
ページの先頭へ