長崎県ホームページ


ここからこのページの情報です。

パンくずリスト(現在位置の表示)

長崎県文化財データベース エリアでさがす

ファイル 和銅寺の十一面観世音菩薩立像

行基が作った7観音の一つ
和銅寺の十一面観世音菩薩立像
有形文化財(県指定) 
よみがなわどうじのじゅういちめんかんぜおんぼさつりゅうぞう
指定年月日1973年05月18日
所在地諫早市高来町法川20
所有者和銅寺
最寄り駅JR長崎本線「湯江駅」下車 徒歩10分

 十一面観世音菩薩は,頭部に十一面の顔をあらわしている変化観音の一つである。この像は,クス材を使用した木造りであるが,後補箇所も少なく,保存状態もよい。室町時代の彫像で,引締まった容貌や美しい素木仕上げは,県下の十一面観世音像の代表作の一つと数えてよい。


大きな地図で見る

ここまでがこのページの情報です。
ページの先頭へ

現在、スタイルシートが適用されていないため、 画面上のデザインは再現されていません。 スタイルシートに互換性のあるモダンブラウザのご利用をおすすめいたします。
ページの先頭へ