長崎県ホームページ


ここからこのページの情報です。

パンくずリスト(現在位置の表示)

長崎県文化財データベース エリアでさがす

ファイル 五島神楽

五島神楽
重要無形民俗文化財(国指定)
よみがなごとうかぐら
指定年月日平成28年(2016)3月2日
所在地長崎県五島列島(五島市・新上五島町・佐世保市)
管理・保護団体五島神楽連合会
ファイル ファイル

 五島神楽は、五島列島各地で神職を中心に伝承されてきた神楽で、各地の神社祭礼の折などに演じられている。伝承演目の多くは直面(ひためん)の採物(とりもの)舞(まい)で、太鼓や笛、時には手(て)平(びら)鉦(かね)の演奏にのせ、一間四方の中を廻っては廻り返す所作を基本とし舞うものである。
 「市舞」や「伊智舞」などの名称で伝わる演目は、一人又は二人の巫女が、舞座を廻っては廻り返す所作を繰り返す古風な巫女舞である。「入鹿高松」は、イルカが群れて遊泳する様を舞うもので、他に類例のない演目である。また、神がかりを伝える「将軍舞」や、古風な問答を残す「山下舞」などは、西日本の諸神楽との関連をうかがわせるとともに、五島神楽独自の展開を示している。このように、五島神楽には特色ある演目が多く伝わっている。
 また、舞手を補佐する合(あい)立(だち)という役があることも特色である。舞の中程、舞座に出て、剣や長刀などの採物を舞手に渡す役割を担う。
なお、この行事は、平成14年(2002)2月12日に記録作成等の措置を構ずべき無形民俗文化財に国により選択されている。

大きな地図で見る

ここまでがこのページの情報です。
ページの先頭へ

現在、スタイルシートが適用されていないため、 画面上のデザインは再現されていません。 スタイルシートに互換性のあるモダンブラウザのご利用をおすすめいたします。
ページの先頭へ