長崎県ホームページ


ここからこのページの情報です。

パンくずリスト(現在位置の表示)

長崎県文化財データベース エリアでさがす

ファイル 智惠治登窯跡

県内唯一の天井部が残る登窯跡
智惠治登窯跡
史跡(県指定) 
よみがなちえじのぼりがまあと
指定年月日平成16年(2004)8月27日
所在地東彼杵郡波佐見町永尾郷字八人塚350-2ほか
所有者個人
最寄り駅西肥バス「永尾山」バス停 徒歩2分
ファイル ファイル

 波佐見町南東端部の永尾集落の南側に位置する明治期操業の階段状連房式登窯である。
 昭和10年(1935)の改修まで焚き起こしの「胴木間」と4つの窯室の計5室からなっていた。主に日用食器・割烹食器・壺が生産されていたが、概して優れた作品が多く、昭和天皇への献上品もこの窯で生産されている。昭和27年(1952)に廃窯を迎え、昭和30年(1955)に「胴木間」と次の窯室が取り壊され、現在は3室が現存している。
 江戸期以来の登窯構造を有した3室の窯室が、天井部まで完全に現存しており、このような保存状態が良好な登窯は県内では例がなく、国内の窯業史においても、たいへん貴重な遺産である。



大きな地図で見る

ここまでがこのページの情報です。
ページの先頭へ

現在、スタイルシートが適用されていないため、 画面上のデザインは再現されていません。 スタイルシートに互換性のあるモダンブラウザのご利用をおすすめいたします。
ページの先頭へ