長崎県ホームページ


ここからこのページの情報です。

パンくずリスト(現在位置の表示)

長崎県文化財データベース エリアでさがす

ファイル 長崎台場跡 魚見岳台場跡 四郎ヶ島台場跡

○台場跡、火薬庫倉庫等の良好な遺構が残る国指定史跡
長崎台場跡 魚見岳台場跡 四郎ヶ島台場跡
史跡(国指定) 
よみがなながさきだいばあとうおみだけだいばあとしろうがしまだいばあと
指定年月日昭和61年(1986)1月31日
追加年月日平成26年(2014)3月18日
所在地魚見岳台場跡:長崎市戸町5丁目 四郎ヶ島台場跡:長崎市神ノ島町3丁目
所有者国ほか
最寄り駅バス「魚見山」下車 徒歩10分
ファイル

 長崎台場跡は、江戸時代に海外との交易・情報の窓口であった長崎港を警備するために設けられた台場群である。
 幕府は寛永16年(1639)鎖国令を出すと同時に長崎港の警備を厳重にするため西泊、戸町、大田尾などに台場(古(ふる)台場)を築かせたが、文化5年(1808)のフェートン号事件をうけ、同年新たに女神、神崎などに新台場を構築し、更に同7年(1810)には増(まし)台場として神崎、高鉾(たかほこ)、長刀(なぎなた)岩、魚見岳に台場を築いている。魚見岳の台場は石火矢22台があった。現在魚見岳台場の遺構は他の台場遺構に比べて台場跡、火薬庫石倉などの遺構がある。
 長崎台場のうち、四郎ヶ島台場跡は、長崎港外の端部、神ノ島地区から西南約200mの海上に位置する、東西約220m、南北約120mの小島である。幕末に至り、長崎警備の強化を図るため、長崎港外(外目(そとめ))の防御の必要を認識した佐賀藩は、嘉永3年(1850)、幕府に申し出て、自領の伊王島・神ノ島に自費による台場の造営を開始した。四郎ヶ島台場は、島内部を掘り抜いて砲台の前面に石や土手で胸壁を築き、海上を埋め立てて神ノ島とつないで同6年(1853)に完成した。築造に際しては、西洋式築城技術を用い、円弧形や稜堡(りょうほ)形の胸壁を採用し、土塁を設置するとともに、150ポンド砲2門をはじめとする洋式大砲の導入を図った点が従来にない特色である。


大きな地図で見る

ここまでがこのページの情報です。
ページの先頭へ

現在、スタイルシートが適用されていないため、 画面上のデザインは再現されていません。 スタイルシートに互換性のあるモダンブラウザのご利用をおすすめいたします。
ページの先頭へ