長崎県ホームページ


ここからこのページの情報です。

パンくずリスト(現在位置の表示)

長崎県文化財データベース エリアでさがす

ファイル 佐々町狸山支石墓群

佐々町狸山支石墓群
史跡(県指定)
よみがなさざちょうたぬきやましせきぼぐん
指定年月日昭和33年(1958)6月5日
所在地北松浦郡佐々町松瀬免字松瀬116
所有者佐々町

 佐々川中流西岸に近い微高地、熊野神社境内にある支石墓群で7基が現存する。
 縄文時代晩期の夜(ゆ)臼(うす)式土器の時代の墳墓群であり、撑(しょう)石(せき)を失っているものもある。第5号支石墓は方形の花崗岩の巨石を8個の支石で支えており、内部は箱式石棺であるが、長さ50㎝、幅40㎝、深さ約40㎝と小型である。被葬者は極端な蹲(そん)居(きょ)、しゃがみこんだ状態の屈葬位であったと考えられ、縄文時代の伝統的葬法と外来の墳墓形式の融合が見られる。第3号支石墓からは、縄文時代中期~同晩期に見られる鰹節形大株1点が出土した。

大きな地図で見る

ここまでがこのページの情報です。
ページの先頭へ

現在、スタイルシートが適用されていないため、 画面上のデザインは再現されていません。 スタイルシートに互換性のあるモダンブラウザのご利用をおすすめいたします。
ページの先頭へ