長崎県ホームページ


ここからこのページの情報です。

パンくずリスト(現在位置の表示)

長崎県文化財データベース エリアでさがす

ファイル 岳崎古墳

全長約60mの大型前方後円墳
史跡(県指定) 
よみがなたけざきこふん
指定年月日平成19年(2007)8月31日
所在地平戸市田平町岳崎免字榎綱代
所有者個人
年代古墳時代
登録基準一 国土の歴史的景観に寄与しているもの

 壱岐水道に面した丘陵先端部に位置する全長約60m、後円部直径約42.5mの大型の前方後円墳である。
 前方部が低く、先端にむけて直線的に開くが、後円部径より前方部先端幅は狭いという古墳時代前期末の特徴を示すが、北部九州で内部構造や遺物が知られる例ではこのような形態の古墳が古墳時代中期前半まで存在するので、岳崎古墳の築造年代は古墳時代前期末から中期前半(4世紀末~5世紀前半ころ)に比定され、この頃、玄界灘に面した北部九州一帯では、大型の前方後円墳が築造されるという動きがあった。盗掘された形跡がないことから、内部は当時のまま残っている可能性が高い。墳丘上には葺石が確認され、当時は古墳全体に葺石が敷かれていたものと考えられる。


大きな地図で見る

ここまでがこのページの情報です。
ページの先頭へ

現在、スタイルシートが適用されていないため、 画面上のデザインは再現されていません。 スタイルシートに互換性のあるモダンブラウザのご利用をおすすめいたします。
ページの先頭へ