長崎県ホームページ


ここからこのページの情報です。

パンくずリスト(現在位置の表示)

長崎県文化財データベース エリアでさがす

ファイル 鄭成功居宅跡

日中混血の英鄭成功の居宅跡
鄭成功居宅跡
史跡(県指定) 
よみがなていせいこうきょたくあと
指定年月日昭和16年(1941)1月17日
所在地平戸市川内町1114
所有者平戸市ほか
最寄り駅西肥バス「川内中央」 徒歩5分

 室町時代の末、五(5ご)峰(ほう)王(おう)直(ちょく)、鄭(てい)芝(し)龍(りゅう)などは倭寇の活躍に呼応して中国の海商で日本の沿岸にもその寄港地を設けた。
 芝龍は平戸川内浦に屋敷を構え、田川松女をめとって成功を生んだ。居宅跡には、現在ナギの大木が残っている。当時明朝は戦乱の時代であり、芝龍父子は明朝に呼びかえされ明朝のために活躍したが、遂に明朝は清に亡ぼされたので、成功は台湾に渡り明朝の再興を計ったが、寛文2年(1662)39歳で病死した。
 江戸時代、彼の生涯を題材とした、近松門左衛門作の人形浄瑠璃「国姓爺合戦物語」が上演され、わが国の人達にも親しまれた。


大きな地図で見る

ここまでがこのページの情報です。
ページの先頭へ

現在、スタイルシートが適用されていないため、 画面上のデザインは再現されていません。 スタイルシートに互換性のあるモダンブラウザのご利用をおすすめいたします。
ページの先頭へ