長崎県ホームページ


ここからこのページの情報です。

パンくずリスト(現在位置の表示)

長崎県文化財データベース エリアでさがす

ファイル 文禄の役松浦家供養塔

豊臣秀吉の出兵にかかわる供養塔
文禄の役松浦家供養塔
史跡(県指定) 
よみがなぶんろくのえきまつらけくようとう
指定年月日昭和46年(1971)9月14日
所在地松浦市今福町東免390
所有者松浦市
最寄り駅江迎中央バス停下車 徒歩5分

 豊臣秀吉が朝鮮半島に出兵した、文禄の役(1592)に今福松浦家より出兵し、朝鮮で討死した領主松浦定(さだむ)ほか7名の将士の供養塔である。
 自然石板碑の供養塔を中央にして、右の定公の五輪塔、左に享和元年(1801)今福松浦家の信忠が建立した供養の長明塔がある。
 定公の五輪塔は本県における文禄・慶長年間(1592~1615)に建立された五輪塔としては代表的なものであり、供養塔に刻まれている文禄の役に関する資料は歴史的に価値の高いものである。


大きな地図で見る

ここまでがこのページの情報です。
ページの先頭へ

現在、スタイルシートが適用されていないため、 画面上のデザインは再現されていません。 スタイルシートに互換性のあるモダンブラウザのご利用をおすすめいたします。
ページの先頭へ