長崎県ホームページ


ここからこのページの情報です。

パンくずリスト(現在位置の表示)

長崎県文化財データベース エリアでさがす

ファイル 牟田観音堂銅造半跏思惟像

世界的に貴重な仏様
牟田観音堂銅造半跏思惟像
有形文化財(県指定) 
よみがなむたかんのんどうどうぞうはんかしいぞう
指定年月日平成5年(1993)2月24日
所在地松浦市星鹿町牟田免421番地
所有者星鹿町牟田地区
最寄り駅竜尾橋バス停下車 徒歩15分

 牟田地区の観音堂に古くから伝えられ、地区の人々によって護られてきた仏像である。椅子に腰をおろして足を組み、頬に手を当てて物思いにふける姿の銅造の半跏思惟像である。細身の像身で、左足の上に右足の踝(くるぶし)を乗せ、その上に軽く左手を添えている。幅5㎜ほどの首飾りを付ける以外、上半身は裸身である。宝冠を付け、垂(すい)髪(はつ)が耳後ろから肩先まで垂れ、右手は指先が溶解しているが、頬杖を突くようにして物思いにふける姿勢をとっている。衣(え)文(もん)も古式で、全体的に素朴な作品である。なお、東京国立文化財研究所による成分分析の結果、朝鮮半島・三国時代の作品であることが判明した。総高18.5㎝、像高16.1㎝。


大きな地図で見る

ここまでがこのページの情報です。
ページの先頭へ

現在、スタイルシートが適用されていないため、 画面上のデザインは再現されていません。 スタイルシートに互換性のあるモダンブラウザのご利用をおすすめいたします。
ページの先頭へ