長崎県ホームページ


ここからこのページの情報です。

パンくずリスト(現在位置の表示)

長崎県文化財データベース エリアでさがす

ファイル 青い理髪舘(旧小林理髪舘)

大正時代のレトロな洋館。床屋当時の鏡が残っている。屋内は喫茶店になっている。
青い理髪舘(旧小林理髪舘)
登録有形文化財(国登録) 
よみがなあおいりはつかん(きゅうこばやしりはつかん)
指定年月日平成15年(2003)7月1日
所在地島原市上の町888-2
所有者個人
最寄り駅島原鉄道「島原」駅下車 徒歩5分
ファイル

 青い理髪店(旧小林理髪館)は、島原街道から西に折れる道路に北面し、上の町北端に建っている。理髪店開業は1950年で、1980年代に閉業後もしばらく住居として使用された。
 建物の意匠的特徴などから大正後期頃(遅くとも昭和初期まで)の建築で、間口3間(5.9m)、奥行き4.5間(8.9m)、寄棟造、桟瓦葺の木造、下見板張、の総2階建の木造洋館である。全体的な造りとしては1、2階とも、建物前方部2.5間(4.9m)を洋風の造りとし、後方部2間(3.9m)は和風の造りとする、和洋折衷の前後並列型となっている。
 この点は室内外の意匠でも一貫しており、前方部の壁面は外胃壁を下見板張りペンキ塗り、内壁を漆喰塗りの大壁造りとし、窓はすべて上げ下げのガラス戸とするのに対して、後方部は外壁こそ下見板張りとするが、内部は土壁の真壁造りで、窓、間仕切りなどもすべて引き違いのガラス戸やフスマ戸とするなど、徹底している。
 また、花頭窓風のアーチとキーストーンをあしらった玄関上部のペディメント風意匠は特異で、3連の作りつけ鏡面台など理髪室内部の保存状況もよく、全般的に当初の形態をよく温存している。


大きな地図で見る

ここまでがこのページの情報です。
ページの先頭へ

現在、スタイルシートが適用されていないため、 画面上のデザインは再現されていません。 スタイルシートに互換性のあるモダンブラウザのご利用をおすすめいたします。
ページの先頭へ