長崎県ホームページ


ここからこのページの情報です。

パンくずリスト(現在位置の表示)

長崎県文化財データベース エリアでさがす

ファイル 有家町中須川のキリシタン墓碑(2基)

○花十字紋 ○カルワリオ十字紋
有家町中須川のキリシタン墓碑(2基)
史跡(県指定) 
よみがなありえちょうなかすかわのきりしたんぼひ(にき)
指定年月日昭和2年(1927)11月8日
所在地南島原市有家町中須川353-2(中須川名字下前田)
所有者個人
最寄り駅島原鉄道バス「有家駅下」停留所下車 徒歩1分
最寄り駅島原鉄道「有家駅」下車 徒歩5分

 有家町には多数のキリシタン墓碑が発見されており、中須川の下前田は、昔の教会とセミナリヨ跡と推定されているところである。ここの指定墓碑は2基。うち1基は花十字紋入り方柱形柱状伏碑で、背面中央に方形のくぼみをつけ、その中に花十字紋をいっぱいに浮彫りしている。明治35年(1902)森豊造氏が発見し、県下キリシタン墓碑発見の端緒となった記念すべき墓石である。他の1基はカルワリオ十字紋(「干」字状の十字文)入り五角柱形柱状伏碑で、正面軸部にカルワリオ十字紋を平彫りしてある。


大きな地図で見る

ここまでがこのページの情報です。
ページの先頭へ

現在、スタイルシートが適用されていないため、 画面上のデザインは再現されていません。 スタイルシートに互換性のあるモダンブラウザのご利用をおすすめいたします。
ページの先頭へ