長崎県ホームページ


ここからこのページの情報です。

パンくずリスト(現在位置の表示)

長崎県文化財データベース エリアでさがす

ファイル 旧長崎税関口之津支署庁舎

○明治後期の大型木造洋館。現在、町の歴史民俗資料館。
旧長崎税関口之津支署庁舎
有形文化財(県指定) 
よみがなきゅうながさきぜいかんくちのつししょちょうしゃ
指定年月日平成2年(1990)3月30日
所在地南島原市口之津町甲16番7
所有者南島原市
最寄り駅島鉄バス早崎循環線「資料館前」バス停下車 徒歩1分

 本建物は明治32年(1899)に長崎税関口之津支署庁舎として建築されたもので、明治後期の大型木造洋館で、全国的に数少ない税関庁舎の遺構である。
 建物は長方形平面の平屋建てで、屋根は寄棟造りの桟瓦葺き、外壁は下見板張りで四隅と出入り口両脇の柱を露出する。
 平面は中央より東側に寄せて中廊下を通し、西側には大きな検査場、事務室の2室を置き、東側に湯沸所、小使詰所、T形の廊下を介して休憩室、応接所を並べる単純で機能的な構成である。
 意匠的にも、外観では浅い軒裏木製の蛇腹とすること、全て単一な同形状の上げ下げ窓の上部にくり型のついた楣状の木製庇を付すこと、出入り口上部の付庇の軒下にバージ(切り抜き板飾り)を取り付けた装飾がなされている。
 全体的には簡素な造りながら木割が太く堂々とした造形で明治時代の税関建物の特徴をよく伝えている貴重な遺構である。


大きな地図で見る

ここまでがこのページの情報です。
ページの先頭へ

現在、スタイルシートが適用されていないため、 画面上のデザインは再現されていません。 スタイルシートに互換性のあるモダンブラウザのご利用をおすすめいたします。
ページの先頭へ