長崎県ホームページ


ここからこのページの情報です。

パンくずリスト(現在位置の表示)

長崎県文化財データベース エリアでさがす

ファイル 勤皇大智禅師大梅の塔

大梅の塔と呼ばれる墓石
勤皇大智禅師大梅の塔
史跡(県指定) 
よみがなきんのうだいちぜんじたいばいのとう
指定年月日昭和16年(1941)1月17日
所在地南島原市加津佐町255-1
所有者巌吼寺
最寄り駅島原鉄道「加津佐駅」下車 徒歩20分

 正平8年(1353)肥後の菊池一族を教化していた名僧大智禅師(1290~1366)は、有馬澄世の招きを受けて加津佐に来錫し、水月山円通寺を開創した。正平21年(1366)12月10日禅師はこの地で没した。墓石を大梅の塔と呼んでいる。
 塔身、蓮弁石座、柱竿、請花礎石よりなり、全高1.39mで柱竿の正面に「当寺開山大智和尚」と刻し、台座正面に、「南流正平二十一丙年十二月十日得寿七十七歳於当山尓寂」右側に「施主林田養助」左側に「補陀別宗」と刻しているが、後世刻したものである。


大きな地図で見る

ここまでがこのページの情報です。
ページの先頭へ

現在、スタイルシートが適用されていないため、 画面上のデザインは再現されていません。 スタイルシートに互換性のあるモダンブラウザのご利用をおすすめいたします。
ページの先頭へ