長崎県ホームページ


ここからこのページの情報です。

パンくずリスト(現在位置の表示)

長崎県文化財データベース エリアでさがす

ファイル 景華園遺跡出土の一括遺物 122点

景華園遺跡出土の一括遺物 122点
有形文化財(県指定) 
よみがなけいかえんいせきしゅつどのいっかついぶつ122てん
指定年月日平成18年(2006)3月3日
所在地島原市城内1-1202 島原図書館
所有者島原市
ファイル

 景華園遺跡は、島原市中野町に所在し、標高10mの台地先端部に立地する弥生時代の墓地である。本資料は、昭和33年(1958)に水害復旧に伴って土取り工事が行われ、発見された3基の甕棺内から出土した鉄剣形銅剣2本(1号・2号剣)、碧玉製管玉3連(119点)と、この他に出土した細形銅剣鋒部破片1点(3号剣)である。
 1号剣は、残存長26.6cmの鉄剣形銅剣で、わずかに鋒先端を欠く。身は断面菱形で、厚みのある棒状の茎部をもつ。2号剣は、残存長24.4cmの鉄剣形銅剣で、わずかに鋒先端を欠く。身は断面菱形で、扁平・幅広で段がつく茎部をもつ。碧玉製管玉は、3連(29点・43点・47点)の計119点で、3基の甕棺から出土したものであるが、1号剣・2号剣といずれが共伴出土したのか明確でない。


大きな地図で見る

ここまでがこのページの情報です。
ページの先頭へ

現在、スタイルシートが適用されていないため、 画面上のデザインは再現されていません。 スタイルシートに互換性のあるモダンブラウザのご利用をおすすめいたします。
ページの先頭へ