長崎県ホームページ


ここからこのページの情報です。

パンくずリスト(現在位置の表示)

長崎県文化財データベース エリアでさがす

ファイル 南蛮船来航の地

○1567年ポルトガル船が口之津に入港した。
南蛮船来航の地
史跡(県指定) 
よみがななんばんせんらいこうのち
指定年月日昭和16年(1941)1月17日
所在地南島原市口之津町丙4089(西大屋名字唐人町 開田公園内)
所有者個人
最寄り駅島原鉄道「口之津駅」下車 徒歩5分
URL南蛮船来航の地

 永禄6年(1563)有馬義貞の招きによって、イルマン・ルイス・デ・アルメイダが口之津に教会を開き、翌年の春トーレス神父はそこへ移ったので口之津は教会の本部となった。永禄10年(1567)トリスタン・ヴァス・デ・ヴェイガ船長のポルトガル船が口之津に入港した。また天正7年(1579)リオネル・デ・ブリットの船でヴァリニャーノ神父が上陸し、ここでセミナリョの会則などを編纂した。天正10年(1582)までに入港したポルトガル船は7隻を数える。当時の口之津港は活発な国際貿易の港であった。


大きな地図で見る

ここまでがこのページの情報です。
ページの先頭へ

現在、スタイルシートが適用されていないため、 画面上のデザインは再現されていません。 スタイルシートに互換性のあるモダンブラウザのご利用をおすすめいたします。
ページの先頭へ