長崎県ホームページ


ここからこのページの情報です。

パンくずリスト(現在位置の表示)

長崎県文化財データベース エリアでさがす

ファイル 絹本著色不動明王三童子像

○3m近い大幅な不動明王画像
絹本著色不動明王三童子像
重要文化財(国指定) 
よみがなけんぽんちゃくしょくふどうみょうおうさんどうしぞう
指定年月日1990年06月29日
所在地長崎市立山1丁目1-1・長崎歴史文化博物館
所有者清水寺
最寄り駅路面電車「正覚寺下」 徒歩5分
最寄り駅バス「崇福寺入口」下車 徒歩5分

 画面中央に大きく不動明王を描き,不動明王に向かって左側前方に制迦(せいたか)童子,その後方に倶利迦羅竜王(くりからりゅうおう)の纒(まと)わる宝剣一振りが立ち,向かって右側には,前方に矜羯(こんがら)童子,蓮華(れんげ)童子と思われる童子が不動明王に寄り添うように描かれている。衣文線(えもんせん)は,肥痩(ひそう)の強い墨線で引き,着衣の文様は金泥,彩色で細く描くなど鎌倉時代後期の作風であり,類例の少ない三童子をあらわす作品であるのと同時に大幅の不動画像として注目される。縦278.9㎝,横129.1㎝


大きな地図で見る

ここまでがこのページの情報です。
ページの先頭へ

現在、スタイルシートが適用されていないため、 画面上のデザインは再現されていません。 スタイルシートに互換性のあるモダンブラウザのご利用をおすすめいたします。
ページの先頭へ