このページは、共通のメニューを読み飛ばすことができます。直接本文をご覧になるかたは「このページの情報へ」というリンクをクリックしてください。
このページの情報へ
波佐見焼サポーター養成講座が金沢美術工芸大学で開催されました。 2016-09-13/分類[センターニュース]
波佐見焼振興会では、波佐見焼の知名度向上と需要拡大を図るため、毎年、波佐見焼サポーター養成講座を開催しています。今年度は芸術・美術系大学を対象として、8月2日に第2回目が金沢美術工芸大学で行われ、美術工芸学部、工芸科の3年生から修士課程の学生24名の参加がありました。
講座では、「波佐見焼の歴史」、「波佐見焼のデザイン」の紹介や当センターの河野主任研究員による「波佐見焼の製造工程」についての説明も行なわれ、波佐見焼の知識を深めていただきました。
また、波佐見焼の生産に長年携わってこられた熟練者が講師となり、石膏成型技術、生地成形(排泥鋳込み、機械ロクロ、圧力鋳込み、手ろくろ)技術、絵付け技術についての実演が行われました。各実演コーナーは普段、波佐見で使用している設備を大学に持ち込み、製造現場が再現されました。参加者は、これらの実演を間近で見て、成形や絵付けを体験したり、講師に質問を投げかけたりして、会場はたいへんな盛況で、生の波佐見焼に親しんでいただきました。
これからも多くの方々に波佐見焼のサポーターになっていただけるよう、全国に向けての情報発信に当センターも協力していきます。
>>機械ロクロ成形法の実演状況
>>座学の状況

所長からの挨拶成果品ギャラリー業務報告研究報告技術情報情報誌「窯KAMA」アスベストに関するQ&A

長崎県窯業技術センター/〒859-3726 長崎県東彼杵郡波佐見町稗木場郷605-2
電話:0956-85-3140・ファックス:0956-85-6872