このページは、共通のメニューを読み飛ばすことができます。直接本文をご覧になるかたは「このページの情報へ」というリンクをクリックしてください。
このページの情報へ
陶磁器科の河野主任研究員がセミナーを開催しました。 2014-12-09/分類[センターニュース]
11月28日(金)18時半から当センター陶磁器科の河野主任研究員が「品質管理セミナー」と題して、講演を行いました。
セミナーでは、陶磁器の製造過程で最近多発している貫入や冷め割れにスポットを当て、その原因と対策ついて説明しました。どちらの欠点も素地と釉薬の熱膨張の差が影響していることを解説するため、特に熱膨張率のデータの読取り方を詳しく説明しました。
陶磁器関係の商社や窯元を中心に多くの皆様が参加され、講演が終了した後は「熱膨張のデータの読み方が良く分かったので来てよかった」とか「またセンターの職員で品質管理セミナーを開催してほしい」などの意見が寄せられました。
なお、当日のセミナーに参加できず、講演の資料がほしい方は陶磁器科の河野までご連絡ください。

所長からの挨拶成果品ギャラリー業務報告研究報告技術情報情報誌「窯KAMA」アスベストに関するQ&A

長崎県窯業技術センター/〒859-3726 長崎県東彼杵郡波佐見町稗木場郷605-2
電話:0956-85-3140・ファックス:0956-85-6872