このページは、共通のメニューを読み飛ばすことができます。直接本文をご覧になるかたは「このページの情報へ」というリンクをクリックしてください。
このページの情報へ
石膏型組合と生地業者の方々を対象に、石膏型三次元加工機の操作方法の研修を行っています 2010-09-17/分類[センターニュース]
石膏の塊から直接、陶磁器製造用の使用型(石膏型)を削り出せる大型の三次元加工機が先月当センターに設置されました。そこで、加工機の操作の前に必要となる、CADによる作図技術を習得していただくため、石膏型組合と生地業者の方々を対象に、研修会を毎週一回開催しています(写真)。今後、作成したCADデータをもとに、三次元加工機で使用型を削り出すところまで研修を行っていく予定です。

所長からの挨拶成果品ギャラリー業務報告研究報告技術情報情報誌「窯KAMA」アスベストに関するQ&A

長崎県窯業技術センター/〒859-3726 長崎県東彼杵郡波佐見町稗木場郷605-2
電話:0956-85-3140・ファックス:0956-85-6872