このページは、共通のメニューを読み飛ばすことができます。直接本文をご覧になるかたは「このページの情報へ」というリンクをクリックしてください。
このページの情報へ
volume095 活動報告(セミナーを開催しました) 2006-04-01/分類[センターニュース]
 3月16日(木)に「ユニバーサルデザインの商品開発」というテーマでセミナーを開催しました。これからの時代に必要な「ユニバーサルデザイン」というテーマもあって、陶磁器関連企業の商品企画担当者やデザイナーの方々多数の参加がありました。講師には、共用品九州の金本先生にお願いして、共用品(健常者と障害者が共に使える製品)についてのこれまでの取り組みや、製品開発に関するポイント、今後の可能性について講演をしていただきました。商品の開発に携わっている全ての人々が、日頃何気なく使っている日用生活品の「不便さ」に気づき、誰でも使いやすい「安心・安全」な製品の開発を心がける必要があるというお話しに、参加者も熱心に聞き入っていました。
  センターでは、これからも「ユニバーサルデザイン」に関する催しを開催する予定です。ご興味のある方は、是非ご参加下さい。
(研究開発科 桐山)

所長からの挨拶成果品ギャラリー業務報告研究報告技術情報情報誌「窯KAMA」アスベストに関するQ&A

長崎県窯業技術センター/〒859-3726 長崎県東彼杵郡波佐見町稗木場郷605-2
電話:0956-85-3140・ファックス:0956-85-6872