家畜保健衛生所はこんな仕事をしています!

1.家畜伝染病の予防、まん延防止

ひとたび発生すると、畜産経営はもちろんのこと社会的にも大きな影響を及ぼす家畜伝染病への対策を行っています。
BSE検査 BSE検査
鳥インフルエンザサーベイ 鳥インフルエンザサーベイ
伝染病早期発見のための定期検査をしています。

衛生管理指導
 
口蹄疫や鳥インフルエンザなどの発生を予防するために、消毒などの日常の衛生管理指導をしています。
防疫演習
 
万一の発生時に被害を最小限に抑えるため、関係機関と連携した防疫演習を実施しています。
衛生対策推進会議
 
衛生対策などを行うためには管内市町やJA等農業団体、関係業界などとの連携が欠かせません。(衛生対策推進会議)

 

2.家畜の生産性の向上

1頭でも多くの子牛や子豚が生まれ、呼吸器病や下痢などの病気に妨げられず健康な家畜として 育つためのサポートをしています。
細菌、ウイルス、血液生化学や病 理検査などによる病気の原因究明をしています。(検査等最新技術の習得のために家保内研修会や動物衛生研究所で開催される研修に参加 しています。)

直腸検査
 
家畜の繁殖成績の向上のために、繁殖検診を実施しています。(直腸検査)
(導入家畜の清浄性確認検査)
 
疫病防止のために清浄 性の確認に努めます。(導入家畜の清浄性確認検査)
研修会
 
生産者を対象に研修会を開いています。
呼吸器病や下痢など慢性的な疫病に対する衛生指導をしています。

 

3.安全な畜産物の生産

食肉や鶏卵、牛乳などに抗生物質などが残らないよう、また人の食中毒菌など有害な 病原体がないように農場の監視、指導や検査を実施し、安全な食品ができるよう努めています。
物由来感染症の検査
 
食中毒菌など動物由来感染症の検査をしています。
動物用医薬品などの使用状況の調査や指導
 
動物用医薬品などの使用状況の調査や指導をしています。

 

4.そのほかいろいろ

インターンシップ受け入れ インターンシップ受け入れ
家保職員の研修会
 
家保職員の研修会。技術や知識の向上を目的として開催しています。
家畜保健衛生業績発表会
 
日常の業務で得られた知見等をとりまとめて発表をします。(家畜保健衛生業績発表会)

獣医師会産業動物学会
 
獣医師会産業動物学会に参加