長崎県

壱岐振興局 地域づくり推進課

業務内容

地域づくりの推進に関すること

壱岐弁プロジェクト

長崎県壱岐市は九州北部の玄界灘に浮かぶ島です。壱岐牛、米、野菜、海産物などの恵まれた食材が豊富にあるものの、素材のままの出荷がほとんどであり、加工し付加価値を付けた島外への売り込みが不足している状況にありました、そこで、JA壱岐市、壱岐市、壱岐振興局が連携のもと、商品開発に精通し多種多様な流通網を持つ業界のプロ(㈱生産者直売のれん会)のアドバイスを活用しながら、壱岐の食材を調理という形で加工し島内外へ売り込んでいく取組を平成27年度からスタートさせました。将来的には、壱岐の認知度アップ及び島内の雇用創出、所得向上につなげていきたいと考えています。

日本遺産(Japan Heritage)

平成27年度に「国境の島 壱岐・対馬・五島 古代からの架け橋」のストーリーが日本遺産第1号に認定されました。 ロゴマークの使用もこちらから。

国境離島新法

平成28年12月22日の閣議で、国境離島関連政府予算案が決定されました。 新たに創設される地域社会維持推進交付金(仮称)では、地域が取り組む島民の運賃低廉化、輸送コスト支援、滞在型観光の推進、雇用の拡充についての支援が盛り込まれるとともに、関係府省予算においても国境離島関連での増額や優先採択枠も盛り込まれています。 県としても、これらの支援制度を活用させていただきながら、市町並びに地域の皆様と協働して、人口減少に歯止めをかけるべく取り組んでまいります。

お知らせ

このページの掲載元

先頭に戻る

メニュー