学童保育所の学童を対象とした諫早湾中央干拓での収穫体験等について

このページを印刷する
担当課 農林技術開発センター干拓営農研究室
担当者名 清水、山田
電話番号 直通:0957-35-1272
担当課 諫早湾干拓課事業推進班
担当者名 松尾
電話番号 直通:095-895-2054
内線:2054

 営農開始から15年目を迎えた諫早湾干拓地では、営農者が全員、環境にやさしい農業者であるエコファーマーの認定を受け、化学農薬・肥料をできるだけ抑えた農業を実践しています。また、長崎県では例のない大規模な農業生産に取り組んでおり、現在、レタス、ブロッコリー、キャベツ、ミニトマトなどの収穫期を迎えています。

長崎県農林技術開発センターでは、地元の土地改良区と協力して、子供たちが諫早湾干拓地の自然や農業を学ぶ機会を設けるため、学童保育施設に通う子供を対象とした収穫体験や花の種まき体験を毎年開催しています。

今年は、カンショ、ダイコンの収穫体験と菜の花の種まきを行う予定です。

1.日時

令和4年11月26日(土曜日)

1団体目:10時から11時

2団体目:11時30分から12時30分

2.場所

長崎県農林技術開発センター 干拓営農研究室ほ場(諫早市中央干拓131)

※菜の花の播種体験は、周辺の幹線道路沿いの場所で実施。

3.参加者

諫早市及び長崎市の小学生 約50名

4.内 容

カンショ、ダイコンの収穫体験(担当:農林技術開発センター干拓営農研究室)

菜の花の種まき(担当:平成諫早湾干拓土地改良区)

5.その他

収穫体験は平成18年度から開催し、春と秋の通算で22回目になります。

 令和2・3年度は新型コロナウイルスの蔓延により干拓産農産物の配布のみを行い、本年度は新型コロナ対策を実施し、

規模を縮小して3年ぶりの開催です。

6.詳細

学童保育所の学童を対象とした諫早湾中央干拓での収穫体験等について[PDFファイル/328KB]