令和3年度介護ロボット・ICT導入実態調査結果について

このページを印刷する
担当課 長寿社会課
担当者名 宮﨑・岩下
電話番号 直通:095-895-2440
内線:4938

2025年に向けた介護ニーズの高まりにより、介護職員がさらに不足するとともに、2040年に向けて働き手である生産年齢人口が大きく減少していく見込みであるため、職員の負担を軽減し、業務効率化が図られる介護ロボットやICTの導入に取り組んでいく必要があります。

県内介護事業所における介護ロボットやICTの導入実態や今後の導入意向などを把握するため,調査を実施しましたので、その結果をお知らせします。

調査期間

令和3年6月30日から8月6日まで

調査対象及び回答状況

介護保険法に基づく指定又は許可を受けた県内の介護事業所のうち、主な入所系及び通所系の956施設を対象に調査を行い、717施設が回答。

調査内容

(1)回答事業所のサービス種別について (2)介護ロボット・ICTの導入状況について (3)介護ロボット・ICTの導入意向について
(4)新たな製品開発について (5)介護ロボット・ICTを導入しない理由について (6)県に支援して欲しいことについて
(7)介護ロボット・ICT導入に関するご意見等について

調査結果

R3介護ロボット・ICT導入実態調査結果(概要)[PDFファイル/431KB]

R3介護ロボット・ICT導入実態調査結果[PDFファイル/1MB]